新着Pick
501Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人は、より、楽で即時メリットのあるもを選んでしまうもの。手元で即時に短期的な楽しみを提供されるスマホには抗えないですよね。でも大好きな人との会話に夢中な時にはスマホ見ないでしょ。そっちの方が楽しいから。
ユーザー側は、中長期的だったり多少手間がかかってもより楽しくメリットのあるものにシフトしてかないと、根本的には次の「インスタントな中毒」に代替されるだけな気がします。。
もう少し依存症がどのように発生するのかというところに踏み込むと良いのかなと思いました。その意味で、この記事の踏み込みは、甘いと言わざるを得ません。
ある意味で、依存させる側も、依存させる構造に依存している、ということをもっと鮮やかに切り取る必要があるように思えますし、様々な知見が反映されていません。

依存症は「自己治療」として考えるというのが(薬物やアルコールなどへの)依存症ケアの領域では常識になりつつあるようなのです。
つまり、非常に困っていることがあるのだけれど、それに向き合うことが一人では困難なので、手っ取り早く自分一人で解決できる簡単な解決行動として依存が生じます。
大変売れている芸能人が依存症になった事例が有名ですが、この場合も、面白いことをやらなければならないというプレッシャーで気持ちが落ち込んでしまったのをなんとかしたかった、と語っていました。
参考までに。「田代まさしさんが語る、薬物依存症の実態と必要な支援とは?▼TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」2016年12月14日放送分」
https://www.tbsradio.jp/96008

この記事の中では、
「スマホ中毒の人々は、なぜ行列に並んでいるときにスマホをいじっていないと落ち着かないのか。彼らが何を恐れているのかを解明する必要があるとイヤールは言う。」
と書いてあります。この点が大事かなと。

なお、依存症については、松本先生の諸々の著作がとても参考になりますので、参考までにご紹介します。

松本俊彦ほか『つながりから考える薬物依存症』大修館書店
( https://www.amazon.co.jp/dp/446926850X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_mqsPDbQQR4TSB )

なぜ依存が生じるのか、単に個人の内側の脳の機能や意志や能力、気合いの問題ではなく、もっと関係的に発生します。その点に踏み込んで欲しいと思いました。
ウェルビーイングという社会の不可逆の流れの中で、マインドフルネスの重要性が増す時代においては、スマホ中毒からの脱却はひとつの重要な論点ですね。
アプリにハメられてる(いやハマってる)ものがあるので納得。

ただただ、ぼーーーーっとする空白の時間は貴重です。
メーカー側の2020ポストデジタルの仕掛けを楽しみつつ、ユーザーは自ら気づく必要あり。
スマホ依存性に対する見解。テクノロジーが悪いのではなく、個人の行動に問題があるという。行動を変えるべきだと。

スマホを道具として使っていると思えば、問題ないでしょう。アプリ依存症というのは、たしかに問題があるかもしれません。
世の中で人気があるサービスは現実問題、中毒性のあるものが多い。人間(カスタマー)の脳を支配するから。
資本主義社会がそのような価値により形作られてきた側面も否定はできない。そして投資家は数字を見るので、儲かっている背景で何が起きているかまでは目を向けない人たちもいた。
だからこそ、これからの投資にはそのサービスがなぜ人気があるのかを見極め、人々にどんな影響を中長期的に与えるかという倫理感も求められるだろう。
ここ20年ほどの経済が情報の嵐とテクノロジーで発展してきたゆえに、次はそのデトックス、自分と向き合い適切な道を見つけ出す、AI時代の愛があるサービスが発展するのかもしれない。
食や睡眠もその1つであることは間違いないだろう。

■本文引用
「2020年にはポストデジタルを目指す運動が出現するだろう。携帯電話に縛りつけられることは、喫煙と同様にやぼな行動と認識され始めるだろう」

「キャンディークラッシュやフェイスブックに、本当に中毒性があるでしょうか? 私たちはフェイスブックやインスタグラムをドラッグのように欲しているわけではありません」とイヤールは言う。
「これらの問題は、本来は自力で対処できるものです。しかし人は『テクノロジーに操られている』と考えたがります」

中毒の原因は、個人の責任を放棄していたことにあるわけだから、問題を解決するには、さまざまな方法で責任能力を取り戻すことだと彼は指摘する。

2016年、ハリスは「テクノロジーには中毒性があり」、脳を「ハイジャックする」ものだという考え方を広めた。

「各種テクノロジー・プラットフォームによって、大勢の子どもたちが本来の能力を奪われています。気候変動に関する誤った情報がはびこり、真実をゆがめて問題解決のための行動を停滞させています。ひいては、私たちの民主的なプロセスが損なわれつつあるのです」

イヤールが新著の中で提案する解決法は、実行するのに時間がかかる。自分を省みることが必要になるからだ。多くの場合、私たちがスマホを見てしまうのは、ひとりになることが不安だからだとイヤールは主張する。スマホ自体にその責任はないのだと。
企業側としてはUXの設計で、無理やりアプリを開いてもらうプッシュ通知のような施策は逆効果になる。
適切な情報を、適切なタイミングで届ける。
この基本を守るようにしたい。
難しいことではなく、簡単に言えば主従関係の問題ではないでしょうか?

自分が主であるべきところを、他のものが主になり、自分が従になってしまうのが依存だと思います。

そういった意味では、「自分がやりたいことが明確な人たち」(例えば、スタートアップが一番よい例ですが)は、絶対にハマることはありません。