新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FBの金融包摂を実現したいというビジョンが実現できるかの正念場ですね。抜けているのはトラディショナルな決済系で、やはりLibraと自社のジビネスがコンフリクトしているところは相性が悪いのでしょう。

大手が抜けるのはNodeの運営上のインパクトはありませんが、ブランドバリューについてどう考えるかですね。私はLibraのような新しい決済手段が確立され運用されたら、利用者はLibra協会のメンバーが誰かは気にしなくなると思います。
Paypalに続き、クレジットカードブランドのVISA / Master とコマースのeBay、オンライン決済のStripeがLibraから脱退するとのこと。

欧州を中心にここまで嫌われてしまうと、規制業は距離を置かざるを得ないでしょうね。クレジットカードブランド等、既存金融業が加入していた事がLibraの強みでもあったわけですから、ここまで距離ができてしまうと実現には大きな痛手にいなるのではないでしょうか?運営主体の経営陣含め、立て直しが必要かもしれません。

しかし、Libraは、今後、デジタル通貨を実現する為のメルクマールとしての役割は果たしているので、Libra自身に意味がなかったとは思いませんし、ネガティブ・ポジティブ両面でここまで大きな反応があったことは、とても興味深いですね。
隣近所誰が参加するかを気にする人、ブランドを気にする人には痛手だし、これまでそういう参加者やチヤホヤ組も多かったから、抜けるところも相次ぐかも。でも、これでなにかシステム上困るわけではないし、やりたいこと、できること、実現できることに興味がある真の参加者がやっていって、もし動くようなら、加納さんも書いているように、協会社名を気にする人はいなくなるでしょうから、正念場ですよね。
各国政府や中央銀行など規制当局から総スカンをくらったLibra。VisaやMastercard、Stripeなどの金融会社は規制当局との関係を悪くしたくない、という思惑から協会を脱退しました。eBayも連れだって脱退を表明。

プライベートな仮想通貨を世界共通にするのはまず無理でしょうね。フェイスブックのブランド価値も既存する結果となってしまいそうです。
PayPalに続いて、VISA、Master、eBay、Stripeも撤退。Libraは前途多難。やっぱり打ち出し方を間違えたよな。ここからでも金融ではなく、スマートコントラクトプラットフォームに方向転換すべき。出来ることからやっていくことが重要
単なる政治的な駆け引きでは無いようですね。
真相を知りたい。とすると主要な決済プレーヤー達は誰が創る仮想通貨経済圏にならのるんだろう
こういう取り組みは革新的な技術や経済的なメリットがあったとしても政府や社会との合意形成も一緒にしていかないとなかなか難しいですね
PayPalがすでに脱退を発表していますが、VISA、Master、eBay、Stripeも撤退。
金融系の撤退が目立つ。

下記記事の中に当初のリブラのパートナー企業の円がある
https://newspicks.com/news/3985612/body/
現状の円はかなり企業数が減ってきている
https://libra.org/en-US/partners/
GAFA対国家の闘いなんだろうな。
VISA・マスターが抜けるのは痛いね

業績

eBay Inc. (イーベイ) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社を置くアメリカ合衆国のグローバルEC企業で、世界中で1.6億人、Sellerは2,500万人(個人・法人含む)とインターネットオークションでは世界最多の利用者を持つ。事業内容は自社ウェブサイト上でC2CおよびB2Bなど個々間での取引を可能にするグローバルマーケットプレイスの運営である。 ウィキペディア
時価総額
3.08 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
61.3 兆円

業績