明日からできる、名編集長の「若手メンバーを生かす」チームビルディング

2019/10/16
編集者は専門家になってはいけない
金泉 ここからは、私との対談形式で進めます。松田さんのお話を伺うと、社内を活性化するチームビルディングと、読者を振り向かせるマーケティングの2点が印象的でした。
まずチームビルディングについてです。私も同じ業界にいてよくわかりますが、編集者は職人の世界ですよね。とくに女性誌はメンバーの人間関係でチームワークが崩れることも少なくないので、それをよく改善されたなと感心します。
松田 そうですね(笑)。私がチームに入った時点では信用度ゼロだったので、とにかくまず、信用してもらうことが大事なポイントでした。
松田紀子(まつだ・のりこ)/元『レタスクラブ』編集長
たとえば、メンバーの困りごとに気づいたら早急に対応する。ある事務処理が進まずに困っているけれど、優先順位が低くて放置されている、なんてことはよくありますよね。そういう場合は事務アルバイトを雇ったりして、問題を早く解消することを心がけました。