新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「余命宣告」。それは受け止める側にとっては、これ以上ないほどの厳しい予測です。よく目安とされる「生存期間中央値」やがんによる影響を明確にした「相対生存率」はあくまで過去の調査にもとづいて割り出した代表値でしかありません。そもそも、自分の余命を知りたいでしょうか?
人気 Picker
知りたいような、知りたくないような。あと何年生きられるのかという、究極の未来予測とも言える「余命」。言葉だけはよく聞きますが、その意味を正確に理解している人は多くないかもしれません。余命を切り口に、医療者と患者のコミュニケーションについて考えさせられる記事です。
拙稿です。私もずいぶん前にがんで父を亡くしましたが、余命の告知は記憶にありません。それでも病状については主治医からその都度説明があり、家族はいろいろ備えられてありがたかったです。

しかし、ひとりでもいい人生を過ごせるようにとコミュニケーションにまで気を使ってくれる医療者のみなさんには、本当に頭が下がります。