(ブルームバーグ): 日産自動車は英国から欧州連合(EU)への自動車輸出に関税が課されるようになれば、英国内での生産は不可能になる公算が大きいとの認識を示した。英国の合意なきEU離脱に対し、これまでで最も強い警告を発した格好だ。

英国が合意なしにEUを離脱すれば、世界貿易機関(WTO)のルールに従ってEUに輸出される英国製自動車には10%の関税が課されることになる。欧州日産のジャンルカ・デ・フィッシ会長は10日、英サンダーランド工場で、この関税の影響をコスト削減で相殺するのは不可能だろうと述べた。

合意なき離脱となった場合、英国内の操業にどれだけの混乱が生じるか断定はできないとしつつ、関税の影響はより鮮明で、サンダーランド工場の将来が脅かされることになるだろうと続けた。

「日産としてこれまでに出している唯一明らかな結論は、英国が合意なき離脱となりWTOの関税が適用されるようになるなら、持続可能ではなくなるということだ」とデ・フィッシ会長は言明。「そうなればコストが大幅に上昇し、日産車の競争力が低下する」と主張した。

英国のEU離脱に対して安易な対応は取らず、サンダーランド工場の先行きに関する決定は単純な作業ではないとも語った。日産は依然として同工場を強力な資産として捉えており、スポーツ型多目的車(SUV)「キャシュカイ」のアップグレード・モデルを同工場で生産することを考えているとも述べた。

同工場の今年度(19年4月-20年3月)の生産台数は前年比20%減の36万台になる見込みだとも、同会長は明らかにした。

原題:Nissan Says U.K. Plant Unsustainable If Brexit Triggers Tariffs(抜粋)

Nissan Warns U.K. Plant Unviable If Brexit Triggers Tariffs (1)

記事に関する記者への問い合わせ先:London Siddharth Philip sphilip3@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Anthony Palazzo apalazzo@bloomberg.net, Christopher Jasper、Elisabeth Behrmann

©2019 Bloomberg L.P.