新着Pick
225Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
縦割りって、別に日本的なシステムというわけでもないと思うんですよね。

「サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠」
ジリアン テット (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4163903895/


でも、組織運営って、情報の流れを効率化するために、いかに情報を遮断するか(脳の発達段階で言う所のシナプス刈り込み)なので、「縦割り」自体を悪とすることは危険な気がします。

その事業に必要な流動性や、一人の人の指示で動かせなければならない人数の規模、などで変わる気がします。
「上層部を忖度して生きてきた、古い価値観に縛られ変革から逃げている、バイアスまみれ、肩書やルールに縛られ自己保身的、既得権益やテリトリーを振りかざす、世間知らず」というような完全に古い価値観に縛られっぱなしなオッサンを一掃しないと、縦割りは壊せないと痛感します。

そして、そんな上司から逃げ出したいと思う若者が後を絶たないのです。
退職してもそのまま会社の序列を持ち込むサラリーマン。もはや日本の病なのか…「日本人は、下手をすると生まれてから死ぬまで縦割りの世界で暮らせてしまいます。画一的な大量生産・大量消費の時代はよかったですが、今のように多様な価値が求められる時代には、その弊害が強く出て、閉塞感の原因となってしまっています」
日本の組織だけが縦割りではないと思います。

実際、米国の組織でも縦割りは、たくさん見ます。

組織と個人のパワーバランスだけではないでしょうか?

組織というものは、もともと構造的で階層的です。

階層的になれば、当然、縦割りになりがちです。

それは日本だけの特性ではないと思います。
キャリア開発の世界でも徐々に「横串」を求めるケースが増えてきたと感じます。コミュニティ形成やアルムナイなど、繋がりから何かを生み出せる人が欲しいというニーズも聞きます。専門性より多彩な挑戦を好む個人も増えた印象。#横串キャリア
多様性のひとつのポイントは、強さ、レジリエンスみたいなところにあるのかなと。意見、モノの見方の違うひとが、一致するような方向を見い出せれば、強そうです。