新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「条件付きで手当金が支給されているのならば、返納を求めることに一定の合理性はある」としても、今の郵政の状況なら、たとえ就業規則が“従業員に不利な形で一方的に”返納義務を定めていても、解約の責任が当人にあると証明する責任は、会社側にあるんじゃないのかな。「どの顧客が、どんな理由で解約したかの説明は一切なかった」とのことですが、6か月未満なり2年未満なりで解約して良いから契約してくれと予め頼んででもいない限り、法律の専門家ではないけれど、争えば大部分は退職者が勝てそうな気がします。
もっとも、個人が会社相手に争うのは実際には難しい。「日本郵便側に抗議したところ、その後は返納請求は届かなくなった」ということは、会社の側も、正面切って争うことに躊躇があるはずです。気分は悪いが無視して放っておけばいずれ収まりそうな気がするけれど・・・ 退職した従業員に明らかな悪意があったと確信を持って言えない限り、郵政の悪口を手の届かないところで喧伝して回る内情に詳しい“テロリスト”を増やさないという点で、返納請求などしない方が、会社にとって得であるように感じます。(@_@。ウーン
自らの利益を目的としたものか、パワハラの産物なのか、不正利得の色分けは難しいですね。
元職員はおとなしく返納した上で、ハラスメントに係る集団民事訴訟を提起するのが筋でしょうね。
これはやむを得ないでしょう。

手当を貰うときから決まっていることですから。
現職と退職者を区別する方が不公平です。

そもそも、半年で解約されるというのは、販売時に何らかの問題があったケースが多いように思います。

人間は、一度自分の懐に入れてしまうと、それを出させようとする相手を悪者扱いしがちなものです。

「貸したお金を返せ」
と言うと、貸主を悪人のように思うのと同じです。

「借金取り!」
と言って、罵ったりして(^_^;)
退職しても、自分が契約した保険の解約に責任を負って手当を返納しないといけないのですか?保険会社はそうなのでしょうか...?私は驚きました。

「日本郵便には契約から6カ月未満の解約は全額、2年未満なら一部、手当金を返納するという就業規則があり、退職者にも適用される。短期間に乗り換えを繰り返す悪質な契約を防ぐため、今年4月からは返納を求める期間を3年に延長した」
日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、英語: Japan Post Holdings Co.,Ltd.)は、日本郵政株式会社法に基づき、日本郵政グループの持株会社として設立された特殊会社。 ウィキペディア
時価総額
4.63 兆円

業績

株式会社かんぽ生命保険(かんぽせいめいほけん、英称:Japan Post Insurance Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社である。愛称は「かんぽ生命」(英通称はJP INSURANCE)。 ウィキペディア
時価総額
1.06 兆円

業績

日本郵便株式会社(にっぽんゆうびん、Japan Post Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、郵便事業の運営と郵便局の運営を行う日本の会社である。総務省所管の特殊会社で、日本郵政株式会社の100%子会社。愛称は「日本郵便」(英語表記の愛称は、旧郵便事業と同一のJP POST)を使用する。 ウィキペディア