新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少し前まで砂糖税の議論していましたが、広告を禁止とは。タバコに有害性を示す写真を表示するみたいな流れもありますしね。

ただし、日本人的な感覚からすると、シンガポール(たぶんそのほかの海外も)で買う砂糖入り飲料は、めちゃくちゃ甘いです。Less Sugarで注文しても「これ本当にLessにした!?」となり、No Sugarにしますがそれでも中には練乳が入っていて甘い飲み物(紅茶やコーヒー)も。緑茶にもジャスミン茶のペットボトルにも砂糖はいってます。なので、あまりにも多いものは広告禁止くらいでちょうどいいのかも…。
今回対象になっているのはSSBと呼ばれているもので、日本にも呼び名が一般的に使われてくるのではないかと予想致します。

Sugar-Sweetened Beveragesの略ですが、対象はパッケージになっている商品です。具体的な表示に関してはまだ検討中の段階のようです。WHOの2015年の指針では成人の1日の摂取量は約25gを適量としており、サイダー1本で超えてしまう量でもあります。

個人的にはこれから決まるであろう「含有量」の設定値に注目したいと思います。タバコの規制と異なり、All or Nothing ではなく、"非常に多い"と判断される閾値が設定されるわけですので、そこには新しい需要と、ビジネスを起こす可能性があります。

含有量(g)は濃度(g/ml) x 容量(ml) で決まりますので、はたして基準値ギリギリのものは規制を免れるのか、小さい缶の広告は良いのか?

またここでいう「砂糖, Sugar」といった時に、おそらく単糖類と2糖類のなかでもショ糖(スクロース)の含有量を規制することになると思いますので、この記事の趣旨とは外れますが、人工甘味料を使用したもの、ゼロ飲料の類は増えるのではないでしょうか。

表示を免れる閾値が設定されることにより、今まで飲まなかったヒトも、嗜む機会を増やすことになるかもしれません。やっぱりコーラは500mlはきついですが、ちっさいボトルだったら抵抗感が低く、個人的にはオロナミンCくらいのサイズのパッケージも欲しいです。
小さいパッケージの方が売れるようになってくるのではないかと思っています。

今回の広告規制がどう健康維持に影響を与えてくるのか、このあたりの要素も加味すると評価は複雑化しますが、この様な方向性を国としてスピーディに打ち出せる状況というのはうらやましいですね。
糖尿病を代表とするいわゆる生活習慣病に対しては、「予防医療」として、運動習慣や食生活の改善が推奨されているのをよく目にされると思います。

これらは個人の努力に依存した方法ですが、現実としてコンプライアンスは低く、マスで捉えた場合の有効性はあまり高いものとは言えません。

国家単位でのこのような疫学的介入は、「予防医療」の一端として、マスへの有効性が高いかもしれません。世界に先駆けた介入をせっかくされるので、その有効性のアウトカムをきちんと評価するのが重要で、アウトカムの報告を待ちたいと思いますが、面白い試みだと思います。
東南アジアの糖尿病や肥満については、こちらのNewsPicksオリジナル記事で書いたことがあります。3年ほど前ですが、状況は変わっていない、というよりも悪化しています。

「急増する糖尿病と肥満。東南アジアの経済発展にも影響か」(2016/7/5)
https://newspicks.com/news/1646597

シンガポールの豆乳やバブルティー(いわゆるタピオカミルクティー)の店では糖度が選べます。Hase Shinさんが書かれているようにローカルコーヒーショップでは、「コピ・オ・コソン」あるいは「テー・オー・コソン」と言えば大丈夫です。マレー語ですが、店の人が華人など非マレー系であっても、英語で言うより通じやすいです。あるいは、ノーシュガー、ノーミルク、とはっきり、かつ2、3回伝える。ですが、オススメはマレー語です。英語だけで全く問題のないシンガポールですが、このマレー語だけは覚えた方が良いです。

他のピッカーの方々も書かれていますが、シンガポールの甘さよりも、マレーシア(東南アジアで肥満&糖尿病ぶっちぎり1位)やインドネシア、タイの方が数段上手です。シンガポールは選択肢があるので、自分で選択すれば問題ありません。徐々に他の東南アジアでも、砂糖無しが一応あるにはありますが、水以外だと手に入りにくいことはよくあります。
日本では、営利広告の自由は、憲法21条1項の表現の自由の一環としての権利なので(経済的自由の側面もあるため一般的な表現の自由よりは規制は認められやすいものの)、全面的禁止は違憲になる可能性が高いと思われます。
ほんとシンガポールって尊敬する国。何かに遠慮して、あるべきことができないとかほぼ無い。
糖尿病や健康増進対策の一環で、実現すれば世界初の厳格な取り組み

なんでも一番を目指す、シンガポールの気概が大好きです。

リーダーたるもの、ポジション取るべし。

STAY GOLD!
タイでも甘いものを摂り過ぎて糖尿病が問題と聞きましたが、シンガポールも同じなんですね。
確かに、東南アジアでは、甘くない飲み物を探すのが大変です。だから、無難にミネラルウォーターか100%ジュースしか飲まないです。

ただ、シンガポールに行くと、カヤトーストを食べたくなるので、その時だけは、あの甘いコーヒーを飲むことになりますが。毎日食べてたら、身体に悪いですね。
マレーシアでも7月の砂糖税導入以来噂になっているテーマ。隣国シンガポールに続くのかどうか気になります。でも問題になっているコンデンスミルクと砂糖ががっつり入った紅茶やコーヒーは、広告をしないような屋台で売られてるんですけどね、プラスチック袋にプラスチックストローをさして…
タピオカは?