新着Pick
672Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンは強敵になるかもしれません。データの活用がとてもうまいから。特にインナーやベーシックアイテムで高機能商品の販売がはじまると、手ごわい相手になりそうです。

でも、アマゾンエフェクトを受けるのは、H&MやZARAが先かもしれません。
中国本土・台湾・香港で人気のユニクロ。チャイナパワーはまだまだ続くのではないでしょうか。特に白地が大きいのは中国本土。
ユニクロの商品はファッション商品というものの、ベーシックなものが多く、ECにも適合します。色やサイズなどのファッション性が高ければ高いほど、リアル店舗試着のニーズが強いですが、ユニクロアイテムなら、試着なしでECでも買える、と。
中国のECの王者、タオバオで売り上げナンバーワンがユニクロだそうです。そのため、タオバオ利用手数料も低く抑えられているそう。
中国の国土は、日本の25倍あります。(すごい広い…)
人口は、13.8億人。リアル店舗を配置するには広大すぎる部分もあるので、ECに適合しているというのは、大きな強みだと思います。

中国は都市に規模等の指標でランクをつけています。北京、上海、深セン、広州の4都市を「一級都市」、続く重慶などの直轄市やアリババの本社のある杭州など15都市を「新一級都市」、続くレベルの都市を「二級都市」としています。その下にも「三級都市」「四級都市」「五級都市」が存在します。
中国出張にいくと、北京や上海など一級都市と呼ばれるところには、メインの交差点(日本でいえば東京銀座の4丁目交差点みたいな)に、ユニクロ店舗があったりして、単価も日本で買うより高くて、ブランディングもばっちり。
ECふくめて、二級都市以下の市場に白地が多いのではないでしょうか。

そして日本より寒い場所も多い。冬に強いユニクロの強みがでそうです。首都の北京など、冬場にはマイナス15度ぐらいになるし、東京より全然寒い。(上海だと東京と同じぐらい)

もちろん広大なので年中あったかいところも多いんですけどね…。
今回の決算で、初めて売上高、営業利益共に海外のユニクロ事業が国内のユニクロ事業を超えました。

いよいよ本格的に日本発のアパレルグローバル企業となったファストリ。
世界一も射程圏内に入ってきているのでしょうか?
苦境に立たされているH&Mを超える日は遠くないでしょうが、ZARAは強い。

「ユニクロ 対 ZARA」という書籍の著者でご存知の方もいらっしゃるでしょう斎藤孝浩氏への取材も加えて、今回の業績を記事をまとめました。

ファストファッションは今ちょうど過渡期に来ているのかもしれません。デジタルだけで展開するDtoCブランドのスタートアップも増え、大量消費を前提とした売上高至上主義の服作りから、規模は追わず、利益を追求するようになって来ているとも感じます。
まずそもそもユニクロはファストファッションではありません。ZaraやH&Mとはビジネスモデルが違う。ざらは自社生産で早い商品開発販売サイクルを繰り返せる体制が強み。ユニクロは生産はパートナーに外注。品目は定番中心で生産ロットは巨大。その大きな生産ロットを背景にした圧倒的なコスト競争力と品質のバランスが強み。

アパレルの生産業者は中国国外へ移転できる会社と移転出来ない会社に別れつつある。中国国外に移転出来ている業者はナイキやユニクロなどの伸びているブランドからの受注を優先。Amazonは単品なら競合する可能性ありますが、フルラインでユニクロと競争するのは相当ハードル高いかと
ユニクロは、アジアでうまく展開していると思います。

20代の若手社会人のビジネスカジュアルの定番の一つとシンガポール人から言われたときは驚きました。

また、一部のシンガポール、アジア人たちは、ユニクロが日本企業とも知らず、欧米企業の1社とも思っていました。これはユニクロの世界進出がうまく機能して、土着化できている証だと思います。

今後のご活躍に期待しています!

STAY GOLD!!
随分前に一橋の楠木先生がアパレルビジネスを競馬にたとえ、
・第三パドックから追い上げ一位がファストファッション
・初速強い馬を調教するラグジュアリー
・飼育用の草から開発するUNIQLO
と教わった記憶があります(正確でないかも、先生すみません)
ユニクロはいま競馬から近代五種競技あたりに種目転換したのかなど先生の見立てをきいてみたい。
ZARAなどとの比較というよりも、これだけのスケールを維持拡大する中で、素材・機能提案・環境負荷低減・人権保護といった課題を着実にこなし、それをブランド価値に結実し、かつマネタイズさせることができるのか。これが多分柳井さんはが今一番気にしているテーマなのだと思います。デジタル対応などはもはや方向は固まり実行して当たり前と考えているのでしょう。あとは柳井さんの後継者ですね。(東レ、頑張れ。)
ユニクロもZARAも買いますが、買うものが完全に違います。
定番品はユニクロで買って、ちょっと遊び心が働くものはZARAで買います。
定番品も、普段着はユニクロですが、仕事で着る物はZARAと同じグループブランドのMassimo Duttiでメインに買っています。
そして、掘り出し物は、アメリカかソウルのお店で探すのが楽しみです。

ユニクロは頼りになりますが、洋服を楽しんで買うお店ではないなぁ…
個人的な感覚としては、

ユニクロの品質、適切なサイズ感、心が躍らないデザイン・色 対 ZARAのエモいデザイン・色、日本人には不適切なサイズ という違い。

どちらかがあれば他方はいらないという関係でないのが面白い。消費者は上手く使い分けているのでは。もはや日本のクローゼットはユニクロだらけになっていて、海外に展開するしかないのは間違いないでしょうが、実はZARAのマーケットを食っていく手は残されていると思う。
ユニクロのグローバル伸長要因をプロモーションベースで紐解くと、SNS戦略の成功がKSFと言えます。

特に、海外売上の多くを占める中国メインランドでは、WeChat、Weibo、KOLに相当力を入れており、配信後売上が大きく伸びます。

今後、店舗とECをよりシームレスに強化したニューリテール・OMO施策に期待をします。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.16 兆円

業績