新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現職の前、数年間スマートグリットの研究をしてたのですが、

日本の電力網の最大のボトルネックは、東日本と西日本の電力網が分断されていることです。それぞれ50Hzと60Hzの異なる周波数を使っているためで、わずかな量の電力をいちど直流に変換して融通できるのみです。

もし東西の送電網が繋がっていれば、東日本で晴れていて西日本で曇っていたら、太陽光で発電した電力を東から西に融通できます。東日本大震災のときも電力融通できなくて困りましたね。自然エネルギーの不確定性への対処の一番の方法は、出来るだけ地理的に離れた場所で電力を融通して不確定性を相殺することです。しかし、周波数を統一するには大規模なハードウェアの更新が必要で、なかなかできません。そもそもどうしてひとつの国に2種類の周波数があるかというと、明治時代に東京はドイツから、大阪はアメリカから発電設備を輸入したことにはじまります。当時はまさか東西で電力融通する必要なんて考えもしなかったでしょう。
難しい問題であると感じます。誰も通らない道路を作ったら「税金の無駄遣い」と批判されますよね。それと同じ。送電線を建設・維持・管理するのも莫大なコストが掛かるので多少の余裕以上の送電網はつくらないのが理想。特に太陽光・風力などは変動が激しいのでその(理論的)最大値に対応しておくべきかどうかは意見の分かれるところだと思います。

記事でいうと「送電容量が逼迫した場合には一時的な出力抑制に応じることを前提に」というところがとても重要で、「じゃんじゃん作れ!作ったのだから送電させろ!」だけではうまく行かず、出力抑制に協力することも肝要。
歴史的フクシマ原発事故で広くわかったことは、関係者たちは知っていたに違いなのだが、このありさま、というか国民をバカにしているというか舐めているというか。

「電力」という社会基盤の最も大事なサービスのトップともいえる日本の電力のありさまだ。

いつ、どこから始まったのかは知らないが、専門家、関係者たちはこんなことはとっくにわかっていたのだ。いまさらこんな言い訳がましいことを知っても、何かできるのかね。

また国民から、ただでさえ世界の先進国では高い「電気料金」などをさらにちょっとたかくして、搾り取るお金で頑張ります、よろしく、とか?

結局は、国民のための政治ではなくて、従来からの利権を守ろうという制度なのだったのだろうかね。関係者はとっくに知っていたことなのだ。なんといっても既得権と利権だね。

何で日本なこうまで国民をバカにしているのだろうね、この背景などなどをいろいろ考えたり、その背景などについて、書物などをよんで、さらに考えてしまう最近なのだ。どうして日本の「エリート」ポストにいる人たちはこうもなさけないのか、とね。

国民のせいだ、などとは言ってほしくないね。知っていて、するべきことをしてこなかった「エリート」たちの責任なのだよ。

責任ある立場の人は、まずいことが起こっても決して責任をとらない、エリートはOKなどだ。これが、なぜか日本という国の背景にあるのだ。

と私は思うようになってきた。フクシマ、東電トップの三人はおとがめなし。もちろん、官僚のおえらいさんは、公文書をこっそり書き直してもおとがめなし。

最近の関電も同じ構造なのだ。フクシマ事故なんて関係ないのだね、関係者たちのお仲間たちの間では。

たいしたもんだ。メデイアも同じ穴のムジナなのだよ。遠慮しながらちょっとこんな記事をだしてみた、とか。時々出てくるこの手の記事。これが、朝刊一面トップ。ご苦労様です。
インフラって経済的合理性で競争する事が必ずしもいい事じゃないですものね。

フラットに競争させると、どうしても短期的な収益性を求める方向になる。

それってインフラ整備の対極になりますよね。
工事を依頼すると数十年待ちと言われ、また工事代金も数十億円と要求される。
再生可能エネルギーの普及に水を差すことになる。