新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そうですね。「長期的視点で考える」はもちろんでしょうし、「将来の後悔を想像する」は要するにリスクアセスですよね。自分にとって、何が大事で何がリスクか。これをいろんな角度から考えてみる。ちなみにワタシは4回転職していますが、全て「直感」で決めたようなものです。で、あとから「直感」を分析して、一部無理やり納得するw

こういうときの「直感」は敬遠されがちですが、正しい「直感」は意外と前述のプロセスが瞬時に行われているようなものだと、ワタシは思っています。
長期視点で考える/リスクの洗い出しと優先順位付け。いずれも正論だけど、そういうロジックで説明できない直感にこそ意識を向けたい。

人間の頭脳は、今のところどんなに高性能のコンピュータやAIよりも優れている。直感というのは、その人がそれまで生きてきた中で得たあらゆるビックデータを人間の頭脳が解析して弾き出した答えだと思えば、それなりの「確からしかさ」はあるのではないか。少なくともその本人が持っている情報やリソースから導き出せる最適解の可能性がある。

この人は、ここにいても未来はないという直感を持っている。であれば、それに従うまで。どちらの道を選んでも、その道を正解にするのは自分自身。
本当に挑戦したいのか?

「今の会社が…」とか「家族が…」とかではなく、自分の納得感が大事。

周りのことを理由にして、自分を納得させても、いい結果を生まない。うまくいかなかったときに、人のせいにすることになるから。

自分はもちろん、身近な人たちも幸せになりません。自分が信じた道なら、いくらでもやり直せますよ。
長期的に見る/後悔しない選択をする

とのことですが、なんとなく私個人のやりかたは、

『昔仲良かったけど、いま全く利害関係がない久しぶりの友人』にあった時にどう話すか、どっちの選択が気持ちよく話せるか?

これで決めるようにしてます。
転職する時は不思議とサクッと動きます

逆に言うと、そのくらいになるまで
心を煮詰めないと動いてはいけません。
コレ、例題は無茶苦茶下手くそですよね。
迷う余地が大してない。つまらない記事。


『残念なことに、私が働いている工場は閉鎖される予定です。会社は私たちチームに、これからもこの地域で働けるようにすると約束しています。
しかし、工場閉鎖の発表から2年近くも経つのに、私たちのチームの次の職場はまだ決まっていません。閉鎖予定日は数カ月後に迫っています。
別の企業からは、今の仕事と同じようなポジションで誘いを受けていますが、分野がまったく異なります。
誘いを受け入れれば製造企業からハイテク企業に鞍替えすることになります。車で30分だった通勤時間も、電車で1時間になります。』


もっと迷う事例を出さないと。
例えば、
「今の会社は大きく待遇に不満はない。このまま行けば課長にはなれる。うまくやれば部長になれるかも知れない。少なくとも安泰だ。
でも、違う分野でどれだけやれるか試してみたい気もする。
そんな自分に誘いのオファーが来た。さて、どうするべきか。」
みたいな。
将来のことまで考えて迷う状況なら、転職して成功するかしないかの主観確率は五分五分でしょう、たぶん。普通の人間は変化を嫌うもの。迷うくらいなら、無理して転職を合理化するよりも、残る方が後悔は少ないんじゃないのかな… 転職は、迷いなくするべきです。たとえ失敗しても、それなら後悔の材料は少ないでしょうから (^_−)−☆
決めてから迷わないことが大事
人生は決めの問題

戸惑い悩んで出した答えに深く頷いて
このせつなさになんて名付けたらいいだろう
(ほぼGLAYの"とまどい")
やらないと後悔するならやるべき。

そうやって独立起業しました。

新しいことはスキルアップへ。

繰り返しやることは効率化へ。
ワクワクするかどうか。あくまでも自分を基準にすべきだと思います(これが意外と難しのですが)