新着Pick

成長止まらない「YouTube」ビジネス戦略の裏側

東洋経済オンライン
――ユーチューブの最大の収益源が、広告収入です。広告主の中には、ブランドイメージにふさわしくない動画の再生時に広告が表示されることに懸念を示し、過去には広告を引き揚げる例もありました。広告主との関係…
625Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"10万人以上の登録者を抱える日本のクリエーターは2300人。この数字は前年比で7割も増えた結果"
いや〜増えましたね。Googleにあってfacebookにない最大の魅力は収益化支援機能です。だからコンテンツサイドが強い
"世界でゲームコンテンツを視聴しているのは、毎月2億人にも上る。昨年1年間では、ゲーム関連の視聴時間が550億時間に達した。これらの数字はほかのゲームメディアプラットフォームと比べて何桁も大きい"
このYouTubeの強さを活用してローンチされるGoogleのクラウドゲームサービス(スタディア)はどのように成長していくかとても気になります。
電通の2018年日本の広告費を見直したところ、地上波テレビは17848億円、インターネット広告が17589億円。2019年には逆転しかるべし、というところでしょう。動画はテレビ受像機ばかりではなく、スマホやPCで好きな時に見たいものを個人で見る、そんな時代にフィットしたYouTubeがコンテンツ作成者とうまくエコシステムを築いたところはさすがと思います。少なくともマスメディアのブランディングを補完し、そして代替する可能性が高いと考えます。
 あとは動画の長さ、内容の密度にもう少しコントロールが必要だと感じます。
音楽はYouTubeにとって重要な事は理解できますが、
Spotifyと比べてもクリエーターへの還元率が、1/10以下という
バリューキャップ問題が世界的な課題なので、此処は是非改善して頂きたい。


https://www.cpra.jp/cpra_article/article/000544.html
ツイッター同様、Youtubeは日本にフィットしているんですね。
「日本はエンゲージメントや収入の面でグローバルでトップ5に入る市場」「10万人以上の登録者を抱える日本のクリエーターは2300人。この数字は前年比で7割も増えた結果」「米ドルで5~6桁の収入(数百万~数千万円)を得たクリエーターの数も前年比で6割増えている」
すごい成長速度!>10万人以上の登録者を抱える日本のクリエーターは2300人。この数字は前年比で7割も増えた結果だ。米ドルで5~6桁の収入(数百万~数千万円)を得たクリエーターの数も前年比で6割増えている。
YouTubeで人波乗ろうと思ったら、とにかく継続的コンテンツのアップが肝です。
撮影と動画の編集にはある程度時間を投下しないと続かないのも事実ですが、まずは一万人ファンを作れるかどうかだと思うのでそこを目安に半年くらい続けてみるのは良いと思います!
「ゲーム実況動画」の市場は、予測できた人が少ないと思います。そんな漢字で新たな市場を創出できるプラットフォームであるところが強いですね。

「映画」→「TV」→「ネット番組」→「Youtube」→「TikTok」

という流れなので、あまり安閑とはしていられないのも事実です。
タイムリーな記事。 #YappliSummit