新着Pick
569Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルにある、大失敗の根本的な理由には、ほとんど触れられてないかもという印象。
まず、大失敗というからには、何をもって地方創生を成功、と定義しているのかを語らねばならない。
つまり、地方創生の定義。課題の定義である。KGIの定義。

パッとあげられるのは、

・地域内の定住人口の拡大
・地域内の総生産(GDP)の拡大
・地域内の交流人口の拡大
・地域内の地価上昇
など。

経済指標だらけかよ、というなら、なんらか調査定義して、

・地域内幸福度指数の向上

でもいい。

KGIが決まれば成功の定義となる。

例えば1番上の「地域内の定住人口の拡大」

こちらに成功を置くなら、人口の「社会減」と「自然減」に対峙するということになる。
社会減とは、地域内の人が、進学、就職、結婚など社会的な理由で地域外に出ていくこと。
自然減とは、地域内で、生まれる赤ちゃんよりも亡くなっていく人が多いから人口が減っていくこと。

実は日本の地方の人口減少要因は、ほぼ、社会減によるものである。
地域の若者が、進学、就職、結婚を機に都市部へ出ていくからだ。

だから、地方で、少子高齢化に対応するのは、間違いとは言わないがインパクトを生めるのは社会減対峙である。

対峙する課題を特定し絞り込めば、KPIが明らかになり有効な打ち手にパワーを集中できる。そこで、アクションし結果を振り返り改善して進む(PDCAを回す)ことで、初めて、失敗を宣言できる。

地方創生というテーマは広い。
ベンチャーでいうなら、「テック企業です」みたいな?

安易に成功失敗を曖昧に語るときほど、何をもって成功なのか、テーマや課題を絞り込めていないのかなと思う。
世界中で、人口の都市部への集中がすすんでいます。

その理由は以下のように説明されています。

1 優れた人間や刺激を受ける人間との生の接触を求めている。
2 同じ学歴や職業の男女が結婚する同類婚が増えており、都市部の方が相手を見つけやすい。

世界的トレンドに逆らって、地方再生の名目で税金を使うのはとんでもないことです。

本記事のようにスタートアップしやすい環境を提供するのをもっと進めて、規制緩和の特区をどんどん作ればいいのです。

「公道での自動運転自動車試験可能な地域」とか・・・北海道などが適していますよね。
こういう取組、頭が下がります。ただ、人口減少、経済停滞が基本トレンドで、地方も都市に人口が集中する中、ぼくは過疎地を活性化する方策が思い浮かばずにいます。このようにミクロなプロジェクトは起こせても、地域を創生するレベルに持ち上げるには、ミクロを100個ぐらい集中発生させないといけない。その絵が描けるといいのですが・・。
みなさん指摘されてますが、こういうのは「雰囲気」ですよね。厳密に論証しようとすると手間も時間もかかって、発表する頃には時代遅れになっている。
興味深い取り組みがたくさん紹介されていて、勉強になりました。
長野県小布施町のセーラ・マリ・カミングスさんの取り組み、共感できます。
私も微力ながらこれまでうちの地方ではなかった企画、イベント等を実施をしています。先日も県の新しい取り組みについてアイディア出しをするワークショップを行なったのですが、県外からも参加頂いた方がいらして下さり、大変盛り上がりました。
議論はSNSで続いており、ワークショップでトピックになったもの以外にも広がっています。また別の企画を行おうという話にもなっており、今後県内外から更に参加が広がることで、単純に三重に来て下さる方も増え、そして三重の人は他県から学びを得ることができると感じています。

何がきっかけでも良いと思うのですが、一度訪れて終わりではなく、その後の繋がりができる、その後また来てもらうことで地方もどんどん楽しくなっていくように思います。

【新規事業、県民から案を 県、来年度へ「みんつく予算」】
https://newspicks.com/news/4275127
首長のやる気に尽きると思いま。