新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
祝ノーベル化学賞!

実用化されて広く普及し、化石燃料からの脱却に貢献する技術が評価されました。

この記事では、リチウムイオン電池の開発に至る過程と、広がる応用についてまとめています。

スマホやノートパソコン、電気自動車はもちろん、宇宙探査機でも欠かせない存在になっており、「地球でも宇宙でも」役立っている技術と言えます。

初代はやぶさにも搭載され、トラブル時は地球からの遠隔操作でバッテリーを修理。負極の銅の一部を溶かして電池内に局所的な電池を作り、約40日間かけてゆっくり充電し、再生に成功したそう。この「チョビチョビ充電」(実際にJAXA内でそう呼ばれていたとか)が成功したのも、自己放電が少ないというリチウムイオン電池最大の利点があったればこそでした。
取材したJAXA宇宙科学研究所の曽根理嗣准教授は「今やリチウムイオン電池なしに探査機の設計は成り立たない」と話していました。
旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績