新着Pick
1027Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先ほど、ノーベル化学賞が発表され、リチウムイオン電池を発明した旭化成の吉野彰名誉フェローが受賞しました。これまでも毎年のように名前が上がっており、今回は「ついに」と言った感じです。

NewsPicksでは、これまでに2度吉野さんをインタビューし、開発の舞台裏や苦悩、電池やモビリティの未来について語ってもらっています。本日はノーベル化学賞の受賞を記念して、記事を再掲いたします。

インタビューではいつも笑顔でワクワクしながら「未来」を語られる吉野さんが印象的でした。また落ち着かれたら改めてお話をお伺いしてみたいです。
これは良記事。ノーベル賞受賞前の取材なので価値も高まりますね。

>引用
「基礎研究ですね。ここから製品化を目指す「開発」段階へと進めるかどうかが、第一関門です。研究者って、まずは一人で黙々と新しい芽を見つけていかないといけないんですよ。リチウムイオン電池の場合もいろんな試行錯誤があって、電池部材、例えば正極材はどうするとか、電解液はどうするとか、そういう無から有を生み出すときの苦しみっていうのかな。基礎研究は、いいものが出てくる確率が低いので、それはもう孤独でしたね。」
神記事!!

早崎先生と同じ箇所を引用させていただきます。

「基礎研究ですね。ここから製品化を目指す「開発」段階へと進めるかどうかが、第一関門です。
研究者って、まずは一人で黙々と新しい芽を見つけていかないといけないんですよ。
リチウムイオン電池の場合もいろんな試行錯誤があって、電池部材、例えば正極材はどうするとか、電解液はどうするとか、そういう無から有を生み出すときの苦しみっていうのかな。
基礎研究は、いいものが出てくる確率が低いので、それはもう孤独でしたね。


イノベーションとはカリスマ起業家と投資家さえいれば起きるものじゃないことを、再認識してほしいです。華やかな花を咲かせるには地道で地味な基礎研究の種が必要なのです。
ガソリンスタンドの設備更新に絡めてEVの普及が進むかも、という視点はさすが
前に読んで良記事だと思ったら、ノーベル化学賞受賞でめでたく再特集。あんまり派手ではない分野を真剣に取り組んでる人に光を当てる記事が今後も増えてくれるといいなと思います。
読みました。とても面白いインタビュー。
今日も、吉野さんと共に研究開発に携わった同僚の方々が「吉野さんは先見の明がある」と口々に語っていました。
このインタビューでも、吉野さんが技術の普及の行方やタイミングについてユニークな、けれど説得力のある考察を展開していて、なるほどと思いました。
私は仕事柄、ほぼ毎日、テクノロジーの進化と市場の伸長、伸長しないとすればその制約要因は何かを考えているわけですが、今年一番腹オチした話かもしれません。

その中で、電池は一番見ているマーケットの一つですが、吉野さんはこの業界の重鎮です。民間人だけに基礎研究だけでなく、「商い」からの目線が、非常に示唆深いです。


そしてここにも書かれている全固体電池ですが、
私も将来的にはリチウムイオン電池は
全固体電池に切り替わるとの認識です。

但し、EVで使える様な量産化には
あと10年くらいかかるそうですが、
EVの開発にも同様の期間がかかるため、
自動メーカーとバッテリーメーカーの
関係は今から作っておく必要があり、
そのためには現行のリチウムイオン電池の
完成度に大きく影響を受けるため、
バッテリーメーカーは両方の開発が必要です。

要は固体電池が出来たからと言って、ああそうですかと、すぐに製造ラインに載せられるわけではないということです。
以前、旭化成の水素エネルギー事業の担当者にお話を聞いたことがありますが、水素を作る技術にも、同社のリチウムイオン電池のセパレータの技術が生かされているのだそう。リチウムイオン電池が持つ可能性の広がりの大きさを感じます。
これは面白い!「単体でなく複数の技術要素が合わさってブレークスルーができる」「固体電池」など、勉強になります。
ノーベル賞の前からインタビューしてて、このタイミングで再掲。流石だな。学びの多い記事だったけど、ガソリンスタンドのタンクの耐用年数が40年で、ちょうど更新の時期を迎えてるとは初めて知った。ガソリンスタンドが減れば電気自動車への転換は進まざるを得ない
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別インタビュー
旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1.70 兆円

業績