新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
グローバル化が進む現在、母国語や文化の背景が異なる人たちと共に生活したり、仕事をしたりする機会は増える一方です。そういう場面でどうしても必要になるのが、英語など他言語の力。

異なる文化を知る楽しさ、コミュニケーションに自信を持つ方法……東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会で語学トレーニングのオフィシャルパートナーを務める国際教育企業・イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(以下「EF」)社長のサンチョリ・リーさんと海外特派員の経験もあるGLOBE+編集長・堀内隆が、熱く語り合いました。

来年、東京には英語学習のビックチャンスが来ます。どのようなシチュエーションでも、自分から話しかけてみることが大切になるでしょう。「自分は英語を話せない…」ではなく、「今の自分の英語力でできること」から始め、自信をもって話しかけてみてはいかがしょうか?
人気 Picker
『仕事を英語でするハードルは、実はそんなに高くないと思っています。』

同意します!私もここ20年ほぼ語彙力は変わっていません。

英語の仕事も日本語の仕事と多くの共通点があります。

ビジネス英語こそ、定型があり、ちょっとした表現やコミュニケーションを変えればOK

ここをもっと日本で教えるべきです!

一人でも多くの日本人が国内外で英語を使ってもっとご活躍されること願っています!

STAY GOLD!!
言葉と、海外に出ることについて、日ごろぼんやり考えていたことがサンチョリさんとの対話で言語化されていく感じがして、とても実りの多い対談でした。
IKEAジャパンの立ち上げをまかされたのは、ただ日本語が話せるからではなく、日本のカルチャーを肌で知っているからこそ。こうした肌感覚は、やはりその国に暮らして、その国の人とじかに接する中でしか身につかないものだと思います。
2人で「そうそう!」と盛り上がったのは「アルコールが入ると外国語がペラペラになる」というあるある話。恥ずかしさとか「正しく話さないと」といった足かせから自由になれているからでしょう。