新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
想定よりも少し速いペースとなってしまったため、予備選報道の「方程式」的なところから言えば、これから「ウォーレンで大丈夫か」という逆風の報道が続きます。ウォーレン視点でいえば、ウクライナ疑惑を使って自分への逆風をどう目立たなくさせるか。
選挙まであと1年少しありますが、バイデンが首位から落ちたのは初めて。Warrenで戦うなら、アメリカ市民は、女性大統領を受け入れる準備はあるのか、というヒラリーと同じ問題に直面します。
一方、ウクライナ疑惑でバイデンの名が出ているものの、ヒラリーの私用メール問題と異なり、司法当局や議会は捜査していません。