新着Pick
351Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
代表というより、“LINEのお父さん”という感じの慎さん。
会社の規模や立場が変わっても、ユーザーとサービスにとことん向き合うピュアさ全開の慎さんの存在は、LINERの指針であり、“らしさ”の源だと思います。

LINE GAMEのエピソードトーク嬉しい限りですが、実は慎さんからは今でもゲームプレイに必要なライフが毎日送られてきます。(もちろん土日も)
サービスへの向き合い方に刺激を受け自身を省みると共に、ゲームも見ているよ!のメッセージだと勝手に良いように解釈していますw
面白い記事でした!判断基準は「WOW」があるかどうか。って事業ドメインを考慮すると、本質的ですね。結局、UI自体はコピーできる世の中で、WOWを追わない限り、すぐに模倣されてしまいますから。

>ナンバーワンサービスのほとんどは、「それなりで満足する多数」ではなく、「最高を目指し続ける強い意志を持った少数精鋭」によって作られますので、組織が拡大しても小さなチームを保ち続けることは必須です

正直、LINEレベルのサービスだとメディアに出る理由ってほとんどないですから、メディアに出ないというのも聡明な判断だなぁと思います。
LINEのトロイカ体制って、まさにこの通りな実感。

役割分担としては、私はLINEのサービス全般を見ています。出澤は典型的な社長タイプで社長歴も長いので、経営や事業の売上管理、人材獲得など、まさに社長らしいことをすべてしています。舛田は頭の回転が早く、事業戦略を立てる際にアグレッシブに動いています。今はマーケティングを担当していますので、ユーザーの目線に立って、サービス戦略やマーケティング戦略などを幅広くカバーしています。
やっと尊顔を拝見することができました。人柄も少し分かった気がします。当たり前のことですが、現実認識は正確で鋭いと思います。次の部分をテイクノートします。

「メッセンジャーとしての競争はほぼ終わっています。コミュニケーションだけのサービスでグローバル展開しようとするならチャンスはないと思いますが、LINEが次に目指しているライフ・プラットフォームという部分では、さらに広げていける可能性はあります。たとえば、1つのアプリにAIやFinTechなどを盛り込んだ完成されたサービスは、米国にもまだありません」

ライブ・プラットフォーム。私はスポーツを取り込めば、と提案したいです。少年野球や地域のサッカー、ランニングなどスポーツの個人記録が集積するようなプラットフォームがあれば、とよく思います。
面白いインタビュー!
シャイで外に出てこられないと噂のシンさんのインタビュー記事!こんな方なのですね

【決定】LINE、2トップ体制へ。もう1人の経営者の「素顔」
(2019/3/28)
https://newspicks.com/news/3779343/body
「代表取締役CWO(Chief WOW Officer)」は、プログラムを書かず、10時間の会議の毎日。

自分でゲームを毎日12時間やってゲームの本質を学ぶ、徹底的なユーザー志向。

こういった人材がいるのでLINEが、いろいろな分野に拡大していき、今では、有力なプラットフォームになれたのですね。

LINEがWeChatと世界の覇権を争うようになるといいですね。
AIとFintech。

確かに。ライフスタイルの創造ビジネスにはとても興味ありますね。音声認識で、動かせるスマートホームデバイスもまだまだだし、
超高齢化社会の中で、どうやって、わかりやすいサービスやシステム創る事も大事です。消費行動を高齢者に促すのは、地上波で、健康食品なんか便乗にテレビマーケティングしてますが、デバイスの選択で、ネット上での可能性はまだまだあります。

セカンドキャリア向け、年配向けの求人など、ほぼ後期高齢者のデイケアサービスが、90%です。其れでもなり手はいないそうです。オムツの取り替えや、お風呂入れや食事など生身の人間を、生身の人間が扱うのですが、外国人労働者も含めて法的にもこの大変な仕事を、TECHとして、どうしていくかも大きな問題ですね。

世界標準のサービスとなると、矢張り手取り早いのはエンタメだと思います。ゲームや音楽しかり、其れに付随するライブ動画然り、個人的には、NetflixやAmazon TVに負けない映像クラウドサービスに期待してます。
私なりに歴史的に考えるとSNSはプラットフォームの世代に依存する度合いが強いと思うので、例えば5Gが始まるという今のプラットフォームの転換期をどのようにUX志向で乗り切るのかを注目しています。
このタイミングでLINEの父が出てくる意味が何かあるんだろうな。

業績