新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダウ-1.18%、S&P-1.55%、NASDAQ-1.66%。
ダウよりS&Pの下げが大きいところが弱さ・警戒感を示している。ただ10年債利回りはー0.03ptの1.53%で株価下落の割には動いていない。ドル円は107.4円→106.85円→107.05円と多少円高になっているが全体には行って来い。日経平均先物は-250円ほど。
業種別には全業種マイナスで、金融-2.02%、ヘルスケアー1.83%、テックー1.82%、エネルギーー1.78%などの下落が大きい。
個別ではQualcomm -4.57%やWD -4.26%など半導体系で弱さが目立つ(それ以外にも大きく下げているところはもちろん多いのだが)。
あと経済指標ではPPIがジワジワ下がっている。機能もコンセンサス前年比+1.8%に対して+1.4%。
https://jp.investing.com/economic-calendar/ppi-734
長年市場を見てますが、資産買い入れ再開よりビザ発給規制のほうが材料視されるのって、なんでだっけ?

という思いが拭えない。
FRBのパウエル議長が追加利下げにオープンな姿勢を示唆したものの、米国政府が中国当局者に対しビザ規制を課したことが嫌気され、大幅安で終わりました。