[東京/北京 8日 ロイター] - 中国国営テレビの中国中央電視台(CCTV)は8日、米プロバスケットボール(NBA)のヒューストン・ロケッツのゼネラルマネジャー(GM)が香港の抗議活動を応援する内容をツイッターに投稿したことを受け、週内に中国で行われるNBAエキシビジョンゲームの放映を取りやめると発表した。

この問題の発端となったのはロケッツのダリル・モーリーGMの投稿。モリー氏は「自由のために戦おう。香港と共に立ち上がろう」と書かれた画像を投稿した。投稿は直ちに削除され、モリー氏は7日、謝罪したが、中国のスポーツ用品ブランド「リーニン(李寧)」やスポンサーの上海浦東発展銀行から非難が相次いだ。

こうした中、CCTVは中国の主権と社会安定を侵害するいかなる発言も「言論の自由に含まれない」とし、NBAとの関係を見直していることを明らかにした。

CCTVは今月始まるNBAのレギュラーシーズンの独占放映権を保有している。

NBAにとって中国は重要市場の1つだが、中国で行われるNBAエキシビジョンゲームの主要スポンサーのスマホメーカー「Vivo」は8日、NBAとのすべての関係を停止していると明かしたほか、NBA選手数人と契約している中国のスポーツ用品小売り大手、安踏体育用品<2020.HK>もこの日、契約更新の交渉を取りやめると表明した。

このほか、中国国内で優先ストリーミング配信契約を持つインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>も、ロケッツの試合のストリーミング配信を一時的に停止すると明らかにした。

テンセントは7月、4億9000万人が自社のプラットフォームで昨シーズンのNBAの試合を視聴したと発表。視聴者数は2014─15年の約3倍に増加した。