新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先週ヒューストンロケッツのGMモレイ氏が Twitter にあげたとされる”Fight for freedom, stand with Hong Kong" のメッセージについて、アリババグループ共同創始者かつBrooklyn Nets のオーナーJoe Tsai (ちなみに台湾系カナダ人)が”歴史の反逆者をサポートするのはどうなんだろう”と介入したことでさらに炎が大きくなり、中国に謝罪しつつもモレイの発言の自由は援護するNBA サイドからのコメントが、Li-Ningという中国発のスポーツブランドとHupuという中国版スポーツニュースのサイトが今後ロケッツの支持はしないと発表するまでに至ったまではフォローしていました。

しかし遂に中継中止まで行きましたか。中米は何かと理由をつけてぶつかっているように見える今日この頃、香港&言論の自由を巡っても対立してしまうとは。ちなみにモレイ氏の問題のツイート(すでに削除されています)はそこまで明確なコメントではなかったと解説する向きもあり今後の展開が気になるところ。中国を巨大なマーケットと捉えていたNBAにも痛い問題であります。
あまりに中国でのビジネスの旨味が大きいためにとった、今回のNBAの対応は微妙に感じる。