新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
低金利への防衛策として、みずほが振込手数料引き上げを発表。各種手数料の引き上げは今後加速するでしょう。
一方、ドイツでは、大手信用金庫が大口の個人預金金利になんとマイナス0.5%を適用し始めました。ドイツ銀行やコメルツ銀行等の大手行も追随する方向、とのこと。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-08/PZ06RY6S972D01?srnd=cojp-v2-overseas

次の邦銀のテーマは、こうしたマイナスの預金金利の代替的に口座維持手数料を取るのかどうかでしょうね…
○○ペイやクレジットカードなどは、銀行口座引き落とし、あるいは現金入金の前提で設計されています。
銀行がカネと時間をかけて整備をしてきたインフラがあって初めて成り立つ送金決済手数料無料なんですよね。
ネットでの振り込みにシフトする狙いがあるのでしょうね。ATMや電話はコストが高い。時代はリアルからバーチャルへ。業務もデジタルトランスフォームの時代へ。いいことなのではないでしょうか。
各種手数料引き上げの動きを受けて、預金者がどんな反応を見せるのか中期的な定点観測が必要。結果的に銀行業界全体で、預金者にとってサービスが充実する方向での競争になればいいのだが…
やはりマイナスの預金金利は取りにくいですよね。銀行の自衛策として手数料の値上げが続きそうです。
インターネット送金なら手数料は変わらない。
原価をカバーするだけの手数料を取るのは当然のことだ。不等価交換をサービス向上とは言わない。
110円〜220円の値上げ。振込が多い人にとってはボディブローのように効いてきそうだ。
個人はP2P送金がデフォになるでしょう。つまり、こうしたノン付加価値業務は値上げされてFinTechに寄せられていくのが必然。年間預金手数料も時間の問題ですね
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.33 兆円

業績

株式会社みずほ銀行(みずほぎんこう、略称:みずほ、英語: Mizuho Bank, Ltd.、略称:MHBK)は、本店を東京都千代田区に置く、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績