新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記者会見を見て、印象が変わった。
そもそも、参院補選に、前埼玉県知事の上田さんが出馬するにあたって、与野党全部の既成政党が相乗りしたことが大問題。
立花さんの行動に問題なしとしないが、既成政党の方も問題あり。
ワンイッシュー政党として、議席を増やすために、機会を逃さない行動をとるのはある意味で合理的。
立花さんの「NHKスクランブル化」実現への意思は本気だと感じる。
今回解説して思ったのは、こんなに観られるならテレビのコメンテーターまじ必要ないなってことね。前は大人があんまりYouTube見てなかったんでアレだったんですが、今やこっちでテレビのよーわかってないMCとかのの掛け合いもなしに時間拘束も無しに解説できてしかも沢山見られるということで、そろそろテレビ出なくて良くなってきたなーと。

https://youtu.be/o3r6XKjUKBA
こうした手法の好き嫌いはさておき、そう遠くないうちに検察によくわからない理由で逮捕されてしまいそうだなという危うさを感じてしまいます。
「民主主義の死に方」という本がある。世界の民主主義がどのように崩壊してきたかを分析した本だ。

崩壊の過程には驚くほどの共通点がある。民主主義はある日突然死ぬわけではない。民主主義の枠内から、じわじわと無効化されていく。ヒトラーですら、民主主義から生まれた。

著者が民主主義を守るために必要なものとして上げるのは「相互的寛容」や「組織的自制心」だ。そんなもの憲法や法律のどこにも書いていない。

立花氏のことを民主主義の選挙システムをハックした優秀な人物だと評する人がいる。でも、その「ハック」は民主主義を支えてきた「相互的寛容」や「組織的自制心」を備えたものだろうか。

ルールに禁止と書いていないなら、なんでもやっていいのだろうか。民主主義の理念はそれを許しているんだろうか。
ある意味「天性の政治家」なのかもしれませんね、立花氏は・・・。

良きにつけ悪しきにつけ、人々の注目を集める言動を繰り返し、それがきちんとマスコミで拡散されています。

古畑任三郎のDVDを思い出しました。

美女
「古畑さん、いちばん悲しい女ってどんな女だと思います?」
古畑
「さあ~私には・・・」
「嫌われた女、捨てられた女・・・等々」
「・・・」
「一番悲しい女は、忘れられた女なの」

忘れられないの逆をいく立花代表。
きちんと計算しているのか、それともハチャメチャなのか?
選挙ハックによって改憲勢力のキャスティングボードを狙うN国立花さんと、資本のねじれをつくことでフジテレビ買収に挑んだ14年前の堀江さんの姿とを、重ねて見てしまう。

堀江さんの解説
https://www.youtube.com/watch?v=o3r6XKjUKBA
参議院議員を辞職して、参議院選挙(補選)に出れてしまう。これもまた制度バグの1つ、か。民主主義の限界と成長が問われている。
まあ,選挙の歴史が日本より遥かに長い英国でも,「恋愛と選挙では手段を選ばない」(※)って言いますからねえ・・。
支持しているわけではありませんが,注目の選挙になりましたね。

※ 冗談です。本当は,「All is fair in love and war.(恋愛と戦争では手段を選ばない)」です。

ところで,当然ながらあくまでも個人的な意見ですが,ここで本当に真価を問われているのは,「N国党」ではなく「既存の野党」だと思います。

・・時々「真面目に頑張ってるのに,メディアがそこを取り上げてくれない」と言われる野党の方がおられます。気持ちは分かりますけど,与党よりも精いっぱい情報発信していたとまで言えますか?N国党の方に鼻で笑われるレベルにとどまってませんか?
・・心のどこかで,「分かってくれる人だけ,分かってくれればいい」と思っている節はないですか?
・・市民(国民)に対して,自分たちの政策を丁寧に分かりやすく説明することを,これまでも十二分に尽くしてきたと断言できますか?
・・「特定の人たち」だけに向けて話をしていませんか?

野党の一部の方は,きっと,N国党のやり方を批判するのでしょうけど(そんな展開にならなければ非礼を謝罪します),私ごときが申すのもおこがましい話ですが,それよりも先に自省することも必要だと思います。

何にしても,今後の展開が気になるところです。
こうまでして議席を増やして、やりたいことといえばNHKのスクランブル化。
国政レベルの課題として優先順位が低いのは、改めて言うのもバカバカしい。
それ以外の政策はネットで直接意見を聞いて決める? やりたいことの筋が通ってなくて、世論におもねるのがポピュリズムなら、これこそ究極のポピュリズム。徹底的に苦い薬を拒否し、甘い汁を吸い続けたら、ギリシャ化するまで何年もつか。
自民党も野党も含めて、既存政党がどれだけ堕ちてもまだマトモだったことがよくわかる。
現代ではこういうポピュリストをどれだけ排除できるかが、民主主義国家の民度のバロメータなんだろう。
N国に本当に勝機があるのかどうかはともかくとして、秋の臨時国会に重なる参院補選で、本来なら中間テストとして与野党が角を突き合わせて勝負する機会。それが、自民党が独自候補の擁立を見送り、無風化したものだから、ある種の「ねらい目」が生じたということでしょう。

国政選挙なのですから、与野党がっぶりよつの戦いを演じるのが普通。埼玉県では春から選挙続きで「選挙疲れ」も相当あると思いますが、与野党がしのぎを削る、緊張感のある民主主義の土壌を回復するには、まだまだ時間がかかりそうですね。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア