新着Pick
488Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワタシは1989年新卒のセゾングループ入社・西友配属。そこから12年在籍しました。ちょうどセゾンの栄華と衰退の両方を味わっている世代。セゾンに入社を決めた理由は単純に「なんかカッコイイ!」だったのですが、これを振り返って分析してみると、「総合生活情報産業」を標榜し「消費(お買いもの)」を「文化」にしたこと。まさにここに述べられているポイントだったように思います。

滋賀県の長浜にショッピングセンターを作って、そのコンセプトが江戸時代の「楽市楽座」。これを30年前に手掛けたんですから、かなり先駆的・革新的だったんでしょうね。今思えば。
ラグジュアリーではない文化性、それがカッコよく見えるという価値観を社会に提示してきた堤氏の先見性とクリエイティビティ、もっと読んでみたくなりました。
今だって、大手は何でも右へ倣え、とりあえず流行りを模倣という商業の流れの中で大企業がこれをやり切ることの気迫ってすごいモノだと思うんです。
でも同時に時代の先端を走りクリエイティブに優れるトップが大企業のマネジメントと両立することの難しさも感じる。役割分担しちゃえばと思いつつも、トップの頭脳だから判断できることも多くあるはず。考えさせられる記事でした。
バブル前のセゾングループはかっこよかった。イメージづくりがすばらしかった。堤さんの感性と、それに共感したクリエイターのパワーが爆発した時代だった。

セゾングループは解体しましたが、いまでも元気がいいのは、金融会社のクレディセゾンでしょうか。
堤清二氏がいま生きていたらと、ふと思う。売上減少に歯止めがかからない百貨店業界をどう立て直すのか(とくに地方百貨店や郊外百貨店)。どんな処方箋が考えられるのか、聞いてみたくなる
リーダーとは誰もがやってない時に誰もが見えてない未来を見据えてやり抜く。

『堤が池袋本店の店長に就いて最初にした改革は、父の反対を押し切って大卒採用を進めたことだった。
人材を囲い込むために、若手社員を自宅に招いて勉強会を開き、経営の近代化を進めた。』
詩人・作家でもある堤さん。その文化を軸としたビジョンをキャッシュにまで落とし込む人材がいたのが、良品計画。残念ながら、そういうペアリングが成り立たなかった事業もたくさんありました。経営者の組み合わせ、というのは成長性と持続性を両立させる上で、ほんとかに大事ですね、、
この本、ライオンズファンにもオススメします。いろんな背景が見えてきますよ。
セゾングループには、文化的香りと、ドロドロの関係、が並存しているところが常々面白いなーと思いました。
わたしの最寄りの百貨店は池袋西武なので、ぜひこの本を読んでみたくなりました
この連載について
忙しい現代人こそ、読書が必要だ――。 近年、教養を身につけることの重要性が叫ばれているが、意欲はあっても、読む時間を十分に取れないビジネスパーソンが多いだろう。NewsPicks編集部は、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に、話題のビジネス本の要約をお届けする。1冊約10分程度で本の中身を理解できるもので、まさに現代のビジネスパーソンにぴったりの内容。週末のひとときで新たな知識を手に入れてほしい。
西武百貨店(せいぶひゃっかてん)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社そごう・西武が運営する百貨店の旧称である。現在は西武(せいぶ)。また、株式会社 西武百貨店は、2009年7月31日までこれを運営していた企業である(法人としては解散)。 ウィキペディア
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
5,604 億円

業績