新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
速報ベースで詳細は後ほど見たいと思いますが、7-9月期の売上高は対前年同期比▲5%減、営業利益が同▲56%減。しかし昨年のこの時期までは半導体が好調でしたので、利益急減は止むを得ない(想定内)だと思います。
 むしろ、直前の四半期比で2四半期連続の増収増益になっていることの方が重要と思います。
サムスン電子だけで韓国GDPの5%程度の付加価値産み出すらしいですから、マクロ的にも痛いですね。
ちなみに株価は+2.41%。元々メモリ価格が下がっている中で、ここ2四半期ほどは6.5兆ウォンほどの営業利益だったので、7.7兆ウォンはむしろQoQでは改善している。
YoYでみるべきものと、QoQでみるべきものがあり、Samsungや半導体企業はQoQと、他社との相対差としての競争力の源泉を見るべき企業。

<追記>Samsung、設備投資を加速させていく模様。これが強さで、他社が赤字でも利益を出し続けられるから再投資に回せて、サイクルを経るたびに競合との差が増えていく。
https://newspicks.com/news/4285594
<追記終>
メモリの在庫調整はようやく進み始めたので、次の四半期が業績のボトムでしょう。半導体、特にメモリではSamsungは超圧倒的な最強企業です。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績