新着Pick
459Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろんパイロットのような人の命を預かる業務に就く職業は「業務適性」として厳しいチェック機構が求められるべきという論には反対しません。

ただ一方で、規制を厳しくするのであれば、パイロットの労働環境も一緒に考えていく必要がありそうです。

なぜならストレスにより過度な飲酒を引き起こす恐れがあるから。
(もちろん、やることがなくてアルコールに溺れるリスクもありますが)

規制は厳しくする、業務も働き方改革という名のもと濃密圧縮効率化する、ではストレスが溜まる一方で、いつか100名以上の死者を出したJR福知山線脱線事故のような惨劇が繰り返されるのではと懸念します。

安全良質なフライトをしてもらうためにも、極力パイロットがリラックスできる環境調整を引き続き進めていってもらいたいですね。



新アルコール・薬物使用障害の診断治療ガイドライン に基づいたアルコール依存症の診断治療の手引き 【第1版】

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jmsas/wordpress/wp-content/uploads/pdf/Guide-for-diagnosis-and-treatment-of-alcoholism201907.pdf
酒癖が悪いとか倫理観の欠如と片付けるのは簡単ですが、課題分析は進んでいるのでしょうかね。
介護職が虐待すると「3Kだし人手不足だからストレスも溜まるよね」と擁護する声もあります。パイロットは良い待遇なクセに倫理観が無い、と片付けるのは短絡的かもしれません。
相次いでいるというのは構造的な課題が潜んでいる可能性も。
ストレス許容の高低は本人次第ですからね。単に改善勧告や内規の見直し(精神論)では根本的解決にはならなそう。

お酒なら問題になりますが、案外処方された眠剤や安定剤を服用しているパイロットさんや乗務員さんたちも多いと思います。依存状態や薬が残り、意識レベルがやや低下した状態の人もいるかも。
服薬の管理が適切に行われているか?など、そちらは良いのですかね?
もはや日航の体質というか社風は変えようがないと思います。

かつては、親方日の丸で組合の力が強かった。

破綻しても会社更生法で助けて貰った。

絶対に潰れないと確信している社内の雰囲気を一掃する必要があるでしょう。

そのためには、日航ということで与えられている様々な特権を剥奪するのが効果的です。
しかし、美味しい天下り先である国交省がそれに着手するとは思えませんけど・・・(^_^;)
この問題が起きる原因はどこにあるのかな?行動で縛るのは最も表面的。相次ぐからには環境の問題がありそうです。
以前、日本の航空会社の外国人機長の方から、日本の航空会社のパイロットへの要求はちょっと不思議なことが多いと聞いたことがあり…専門外なのでわかりませんが、気になったことを覚えています。
あくまで噂ですが。

そういや昔のロシアの宇宙ステーションではもちろん酒飲み放題だったけど、何事もなくクソ真面目なアメリカ人と一緒にやるようになって宇宙での飲酒にうるさくなったのがロシア人宇宙飛行士の不満なんだと何処かで聞いたような。

あくまで噂ですが。
難しい問題ですね。「命が大事」とパイロットに負担ばかり掛け続けると、2015年3月に発生したドイツのジャーマンウイングス9525便の墜落事故のように、うつ病の既往歴がある副操縦士がフライト中に故意に機体を墜落させて、乗客乗員150名が犠牲になる、という痛ましい事件も起きかねません。
2012年の米映画「フライト」を想起します。墜落の危機を見事な技術で救った機長が実はアルコール依存症だったというストーリーです。デンゼル・ワシントンの好演が、フライトの緊張感とアルコール依存の深い関係を浮かび上がらせます。とはいえ、それは言い訳にはなりません。黙認する体質があるからこそ蔓延するのだと思います。会社の姿勢が問われます。
各コメントですでに書かれている通り、個人を厳罰に処しても問題が解決するのか疑問がある状況に感じます。
おそらく、みなさん「飲酒をしてはいけない」というルールは当然理解されているはず、なのに飲んでしまうわけですから、精神的な疾患の可能性もあります。むしろ周囲のサポートが必要な状況なのではないでしょうか。
これ、人を憎まず制度を憎め的な、働き方への課題解決が必要なようにもみえます。好きで迷惑かける人はいないと思うのです
航空法第70条で飲酒操縦は禁止されています。法令遵守が社内で徹底されていない。多くの人の身を安全に守る、という意識が欠落しています。襟を正さなければ、ブランドが地に落ちますよ。

業績