新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
天皇陛下の写真であろうが、一国民のであろうが、写真を燃やし踏みつける行為は「ヘイト」だと思う。「ヘイト」的なことを「アート」と呼び、言論の自由と叫び、知事が率先して後押し、メディアが礼賛し、知識人が後押ししている。何だかね。大いに疑問ですね。僕には、その感覚がさっぱり理解できないです、。

おかしいことをおかしいと言い、このヘイト的活動を批判する事こそが、言論の自由の実践だと思うけどね。
‪「不自由展の再開」も重要だが、「不自由展以外の全作品が本来の状態で鑑賞できる」ことがより重要。‬
メディアには、あいちトリエンナーレを不自由展の話題に集約させるのではなく、他の作品を含めた豊かな言説を紡いでほしい。
左派こそ進歩という遠い昔の安保騒動時代を経験したオッサンの、極めて主観的な感想に過ぎないけれど・・・ この企画展の当初の狙いは、スタートする前に止めてもらうことにあったんじゃないのかな。そうすれば、そこで、日本は表現の自由が無い国と世界に訴えることが出来るから ( 一一)
ところが案に相違してすんなりスタートしてしまい、あのまま平穏に終われば大してインパクトがないことになっていた。そこに登場した大物が会期初めで止めてくれ、注目を浴びる騒動に。そして“闘争”に勝って再び展示に持ち込んだ。最初に止めてもらう以上に効果があったと留飲を下げることが出来そうです。
税金を投入した展覧会で何をやっても良いとは思いませんが、絶対的な表現の自由が保証される日本では、芸術監督を選んで任せたところで勝負あったということであるような気がします。“検閲だ”と攻められたら、再開させるしかないように思うけど、どうなんでしょう。なんとも釈然としない思いが残らないでもありません  (・。・;
表現の「自由」と「不自由」の境界を考えさせる展示なのだから、結果論だが、不快だ!と騒ぐ人がいることを事前にもっと厳しく想定すべきだった。混乱をおそれたとはいえ、途中で止めたのは元々のコンセプトを思うと拙かったのではないか。

個人的な感想としては、例えば慰安婦像は、何ともイケていない不出来なオブジェだと思うが、これを見て何かを深く思う人がいる可能性について、現物を見てみたいという興味は少々ある。

昭和天皇については、崇拝・親近から軽蔑・憎悪までいろいろな立場の人がいるだろう。なかなか興味深い人物だと思うが、戦争の責任を謝らなかった人なので、私は不祥事を起こした企業の経営者程度に人間として「軽蔑」している。もっとも、彼は不自由な立場でそこそこに苦労した人なのだろう。焼き殺したり、踏みつけたりしたいとは全く思わないので、そうした「表現」をどう感じるかは、作品を見てみないと何とも言えない。彼を批判するとしても、もっと上手いやり方があるのではないか。

ただ、いずれも「アート」として見たいかと言われると、時間を使って観に行くのは勿体ないと思う。

以上、「不快」に思われる方がいるかも知れませんが、率直な感想です。
中身の是非をめぐる論争と、表現のプラットホームを守るという民主国家日本としての矜持を混同するべきではない。この一点が、今回のケースでは死活的に重要なポイントです。日本が中国や北朝鮮のように民主的な自由が制限された国に向かうのか、自由で民主的な土台が保たれるのかの分かれ目になる瀬戸際の事態となっていると思います。

名古屋市の河村たかし市長が抗議の座り込みをするといって話題ですが、中身に反対しても表現の自由は全力で守るという基本的なルールから逸脱した行為にしか見えません。まして、行政をつかさどる権力者の行動としてどうなのか。政治家として反対意見を代表して抗議し、「ガス抜き」を図るというのは代表制民主主義においての一般論としてはありえますが、すべての住民を代表する首長がやることではありません。
当時、大層な批判を受けたピカソのゲルニカ(空爆)やアヴィニョンの娘たち(売春婦)に似てるのかなと。個人的には感情の逆撫でを感じるので見に行きたいとは思わないですが、既成概念の枠組みやネガポジの感情を一旦取り払うという点においては、なしではないかなと。目で見て創作意図に思考を巡らすことはよくありますが、感情先行・批判先行では、なにも考えられなくなります。あえての反対意見ということで。
表現の自由は守られなくてはならない、これは大前提です。でも、慰安婦を象徴する少女像が芸術とは思えないなぁ。とは言え、公費を使わずに再開するのは自由だと思います。

本当に表現が不自由なものを展示するなら、例えば、この少女像が、2002年にアメリカの装甲車に轢き殺された韓国人少女像を無理矢理、慰安婦像として使い始めた、と言う説を説明する展示も【同時に】行えば、「ああ、確かにどちらも攻めているなあ、それは普通、表現出来ないよね」と納得感を得られたかもしれません。片方がヘイトで、片方が芸術だと言い張るような彼ら特有のダブルスタンダードが共感を得ないのでは?

ちなみに、私なら、どちらもやりませんけどね。
いまだに「表現の不自由展」問題はよく分かっていません。

偏見のない説明をしてくれる記事ありますか?
「表現の不自由展」を批判すると殺されるらしい

津田大介「表現の不自由展を批判した奴は殺害予定リストに入れてる」
東浩紀 「ひろゆきを次に殺すリストに入れろ」
https://togetter.com/li/1385152

津田大介のお仲間だらけの会見にたった一人で乗り込んだ勇気ある発言者
https://twitter.com/Shin_kurose/status/1181015674438602753


個人的には「表現の不自由展」は本当にクズだと思う

https://twitter.com/77nanasa3/status/1181552750103949313

被爆最高! (Radiation exposure is great)
放射能が出てるよ! (Radiation is leaking)
放射能最高! (Radiation is great)
放射能最高ですか? (Is Radiation great?)
放射能最高なんですか? (Is radiation really great?)
もうちょっと浴びたいよ! (I wanna take it a bit more)