【解説】ヘアケア卸の「マルコス」が、30億円を集めた手口

2019/10/10
企業価値を測る上で、最も重視される決算書。この内容次第で、対外的な評価が決まると言っても過言ではない。
しかし、近年は粉飾決算の手口も巧妙化しており、金融機関の融資審査担当者を悩ませている。
カラーコンタクトレンズやヘアケア用品の卸売りなどを手掛け、9月に東京地裁へ自己破産の申請をしたマルコス(東京都港区、小杉敏弘社長)の事例もその一つ。
同社は、複数の企業と巧みに共謀して、売り上げを水増し、金融機関から総額30億円もの大金を調達していた。
2013年設立とまだ若いこの会社は、どのような手段で「仲間」を募り不正を繰り返していたのだろうか。
粉飾による「虚偽の成長」