新着Pick
1165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とうとうきたかとう感じ。キャッシュレス残高ということは、預金保険なり信託分離なり、顧客資産保全の仕組みであるキャッシュレス業者ガバナンスの更なる発展と透明化も重要テーマになりそうな気配。
さらには、デジタルプラットフォーマーは、ネットワーク外部性の視点からもその業種においてNO1しか旨味がない世界。キャッシュレスを引き金に、国内プラットフォーマー今後がどうなるか注目ですね。
こちらのトラフィックがどうなるか、だと思います。実は15年以上プレミアム会員続けてるので個人的には嬉しいです。笑

別サービスである「ヤフオク!」とも連携し、「PayPayフリマ」アプリ内から「ヤフオク!」に出品されている商品を購入することも可能。その場合は、個人出品や固定価格などの条件を満たした商品が対象となります。
いよいよPayPayシリーズの第一弾が来ましたね。ヤフオクはマクロで見ると競合であるはずなのに、ユーザー層やアプローチが異なりミクロに見ると競合では無いと言えてしまうメルカリというサービスが生まれ、猛追を受けるもNo.1であるが故に、オークション方式を捨てることもできないというまさにイノベーションのジレンマと呼べる状況だったと思います。

しかしPayPayブランドであれば、別サービスでゼロから考えることができます。イノベーションのジレンマを考えずにユーザーファーストにサービス設計ができます。

PayPayフリマは、単にPayPay経済圏を拡大する為の場というだけでなく、SBGのサービスをPayPayブランド化していくかどうかの試金石になるのではないでしょうか。
いつ来るかと思っていたらついにきた!こういうダサいけどある程度ニーズの読める事を物量作戦でやっちゃうヤフーの戦略好きです。今はとにかく決済のトランザクション量が大事ですからね。
PayPayはモバイル決済と相性がいいマーケットを囲い込むことで一大経済圏を作り上げようとしていますね。

同社はとても中国を研究している印象です。今回のフリマで設置した「価格の相談」ボタンと言うのは、タオバオで客と店がやり取りするときに使うチャット「アーリーワンワン」のイメージでしょうか。

EC分野の他にも、今後も様々な分野に触手を伸ばしてきそうです。中国の事例を鑑みますと、例えば、出前サービスの「PayPayイーツ」、シェア自転車の「PayPayバイク」などは考えられますね。

将来的には、アントフィナンシャルのような、信用スコアを使った金融サービスなどもあるかもしれません。

今後の展開がとても楽しみです。
普通に考えると楽天フリマも全然追いついてないから、無理な可能性が高いけど、これまでのPayPayのぶっ込みを考えると何か起こしそうな予感も。要注視!

メルカリ対抗「PayPayフリマ」ついに始動、売上金がPayPay残高に
どのエンティティからやっているかですが、おそらく米ヤフーへの上納金3%がないエンティティ。
そういう意味でもヤフオクよりマーケなどの原資がある状態なので、大きく手を打ってきそう。
包み込みの戦略を取ることは当然なので流れとしては普通ですが、どこまで先行企業のユーザーをひっぱり込めるか、展開後のキャンペーンに期待ですね。
まあそういうことになるよなぁ。益々、LINE買収が現実味を帯びてきたな
PayPayでの購入履歴の中で、チェックをつけたものに対して、「PayPayフリマ」でのリセール価格相場を定期的に表示してくれる機能があると面白いかもしれない。AIを使って一年先くらいまでのリセール価格の推移予測なども表示できるようになってくるとかなり魅力的だと思う。
デベロッパはPayPayではなくYahoo Japan
https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.01 兆円

業績