新着Pick
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トルコはシリア北西部の安全地帯設置(事実上のトルコによる保障占領)を巡りアメリカと交渉を続けてきましたが、トランプ大統領が同地域からの米軍の撤退を決めたことで、間もなくトルコによるシリア北部侵攻作戦が開始される見込が高くなってきました。

シリアのクルド人を自国に対する脅威とみなすトルコは、以前からユーフラテス西岸だけでなく、東岸においても安全地帯なる緩衝地域を設置するとして、クルド人主体のSDF(シリア民主軍)の撤退を繰り返し要求してきました。
しかしその範囲はアルバブ〜マンビジュ〜ハサカ〜ラッカを結ぶ広範囲に及び、ISと戦って同地域を解放したクルドとしても到底容認できるものではありませんでした。
それに対しトルコとしてはSDFが撤退しなければ武力を用いることを明言してきました。

しかし今までこの地域にはアメリカ軍が駐留しており、トルコとしても口では何度も攻撃するといいつつ、流石にアメリカと衝突するわけには行かず、ほとんど口先だけで終わっていたのです。

今回アメリカが事実上トルコの行動を容認したことで、トルコが進軍を躊躇う理由は無くなりました。
現在シリア国境にはトルコ第二軍が集結しているほか、トルコ占領中のアフリーン県にはトルコの後押しを受けた民兵組織シリア国民軍が徐々に東進しつつあります。

最悪の場合、この数日中にも新しい戦争が始まることになるかもしれません。
米国は、IS掃討作戦を共に戦ったクルド人を見捨てるわけだ。マティス前国防長官は、戦友のクルド兵を切り捨てることに反対し、トランプ大統領と激しく対立した挙句に辞任したとも言われている。米軍人のトランプ大統領に対する不満は高まるだろう。

それにしても、ロシアのS400を導入したトルコに制裁すらかけられず、今回はトルコの進軍に配慮してシリアから撤退。トランプ大統領は、徹底してこの地域の複雑さから逃げたい、戦争に巻き込まれたくない様子だ。これでは、イランもますます強気に出るだろう。この地域は、ロシア、イラン、シリア、トルコが中心の秩序が作られるということだ。サウジアラビアにとっては、厳しい環境になる。そういう今後の中東力学にも影響する大きな事態と言える。