新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
台風19号は18時現在サイパンの北東にあり、大型で猛烈な勢力になっています。目がピンホールのように小さく、発達した台風の特徴がよく現れています。
今後は北寄りに進路をとりそうで、数日前までは沖縄を含む西日本方面の可能性を示唆する数値予報でしたが、昨日あたりから次第に東にずれ、最新の予報では東海から関東のどこかに上陸、あるいは関東の東の海上を通過していく可能性が高くなっています。

記事中にもあるように日本の南の太平洋の海面水温は平年に比べて高く、先月の台風15号もこの高い水温により上陸直前まで非常に強い勢力を維持しており、このために台風の進路の東側で特に暴風による被害が相次いだことは記憶に新しいところです。今回の台風も、猛烈な勢力からは多少勢力を落として接近することになると思いますが、さほど弱まらないまま接近、上陸ということも大いに考えられます。
台風の速度についてはまだ前後しそうですが、およそ12日の夕方以降に東海から関東に接近し、13日の午後にかけて関東から東北地方を吹き抜けていく形になるものと見られます。ちょうど連休中ということで、行楽のご予定がおありの方もおいでと思いますが、どうぞ今後の台風情報にご注意ください。
台風の進路や速度がはっきりしてくるにはもう2、3日かかりますが、ぼちぼち対策を検討しておくと良いものと思われます。
15号でもわかるように、ちょっとした台風コースの違いで大きな被害になります。念のため十分以上の準備が必要です。