新着Pick
512Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
後半の今日は、Zapierが実践してきたこと、同業他社の事例なども合わせた、Zapierオリジナルの「リモートガイドブック」を紹介しました。本当はもっといろいろな項目がありますが、その中でもポイント6つを抜き出しました。

私自身がNewsPicksのシリコンバレー支局という場所にいて、まさに東京本社から離れた「リモート族」です。東京では、リモートで働いていたことはありますが、「完全リモート」は人生初。初めはわからないことばかりで、不安なことや、学びが多くありました。

今は、自分が人がいる環境の方が生産性があがるのか、ある程度プライバシーが保てる環境がいいのか、パーソナリティーなども含めて、個人に合った職場が選べるようになるのがベストだなと思います。

リモートというと、「仕事の成果をどう管理するのか」、「サボるのでは」、という思考に行きがちなのもわかりますが、小さなチームで導入して着実に成果を積み上げていく、まずはこれが必要なんだろうなと思います。
6つありましたが、最初の採用の時点での人の性質が1番大事かと思います。

テレワークで頑張るって、マインドセットが1番のハードルだと思うので、雇用の途中からテレワークにして上手くいくことは相当限られた人だと感じます。

そもそもクリエイティブクラス的な能力と自意識が持ててないとうまくいかないかなぁと。

以下が、記事で言われるチームメンバーの要件でした。そうだと思います。

・Doersを雇う
・信用できる人を雇う
・「書ける」人を雇う
・交流場所がなくても平気な人を雇う
リモートワークは、チーム意識とコミュニケーションが求められる。オフィスでも重要な点ばかりだが、リカバリーがききづらいため日常的にリモートでは日々意識させられる点です。
ガイドブックに関する〆も納得。
社風や規模でも運用は変わる、ヒント満載の記事だが上っ面を真似るだけではダメ。
無理にリモートにするから続かないのです。

時々リモートとか、気の向いた時はリモートとか、無理せずに導入していけば、これほどいろいろ考えることはないと思います。

一点、重要なのが、ツールとインフラです。

社内のネットワークに対して、アクセスが悪いとか遅いとかいう環境でしか仕事ができないとしたら、リモートワークは無理と言ってもよいでしょう。
リモートワークのコツが満載。かなり参考になります。

アメリカではYahooを始めリモートワークを辞める企業が増えてきたという話もありますが、完全に無くしてしまうのは一方で時代に合わないとも感じます。また、リモートを容認することで、世界中が採用対象となるというのは競争優位につながります。弊社もバンコクにオフィスを置きつつリモートで東京とスウェーデンからのサポートを受けています。

一方でリモートワークは上手な運用管理が必要です。以下のようなコミュニケーションルールも良いですね。

*****
・話す前に考える 送信する前にテキストを見直し、「送信」ボタンを押すこと。つまり、「話す前に考える」。この見直しのステップは、会話のポイントをより明らかにし、流れをスムーズにする。
・「合言葉」で伝える 人はボディランゲージ、声のトーンからさまざまな情報をキャッチする。話しかけらたくない、邪魔されたくないと相手が思っているときは、その空気を読み、そっと距離を取ることも私たちがやっていることだ。
しかし、リモートワークではこうした感覚的な情報が得られないため、相手のことを分かるためには別の方法が必要になる。
そこで効果的に「合言葉」を使うやり方を取り入れている。
例えば「Tree Time(ツリータイム)」という合言葉は、「誰にも邪魔されたくない時間」という意味で使われている。細かな説明をいちいちしなくても相手に意図を伝えられるのだ。
リモートワーカーの鉄則。DoersとTrustableは納得。この二つがすべてのような気がします。Writing Skillはどうかな?これからは音声で、自動書記の時代。コミュニケーション能力が高い人。つまりツボを簡潔に語れる人が大切。これはリモートでなくても言えることですね。
ついついプライベートとビジネスの境目がなくなりがちなので明確に切り分けないとキリがなくなってしまう。
文章化できるスキルがある人がいるのは本当に重要。
最後は非対面孤独が苦でない事も大切な要素ですね。
業務の設計において、この業務はどれくらいの時間がかかるかを考えるのは常識ですが、どのくらいのエネルギーを使うかはあまり考えていないケースが多いですね。エネルギーレベルに応じた支援体制や声かけなどが対面でない分、難しそう。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。