新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
香港の事業も影響があると思われますが、低金利環境の影響が大きいと思います。
新CEOを迎えるにあたって、地ならし的な点もあるのかなと個人的に推察しています(業績改善の見込みがない会社だといいCEOを勧誘しにくい)。
早期に結果を出すのであれば、現在の環境を考えるとトップラインよりはボトムラインの改善が早いのでしょう。
HSBCのみならず、ドイツ銀行、UBS等も同様の計画を発表しており、日本のメガバンクのみならず欧州も低金利の影響を受けて世界的な現象になっています。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-15/PW9HGS6KLVR401

ただ、気をつけないといけないのは、銀行にとって最大の資産は人なので、戦略を打ち出しつつ士気をどう維持し、高めていくのかが重要だと思います。

また、これだけ人を削減すると業務の縮小も伴うと思いますが、マーケットは、良質な資産の売却があるかどうかにも注目していると思います。資産ごと人も移っていくケースも良くありますが一部の人に限られます。
ドイツ銀行といい、最近の欧州の銀行は「人員削減」のニュースばかりですね~。

世界中の銀行が苦しくなっているのか?
その中でも、とりわけ欧州の銀行が厳しいのか?

日本の銀行も、今や塗炭の苦しみに入りつつありますし・・・。
HSBCホールディングス(エイチエスビーシーホールディングス、HSBC Holdings plc)は、イギリス、ロンドン、カナリー・ワーフに本社を置き、商業銀行を主体とする、世界最大級のメガバンクである。1865年に香港で創設された香港上海銀行を母体として1991年に設立された。 ウィキペディア

業績