新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キャリアをつくろうとしない。

ロールモデルなんて求めない。いくら計画したって、その通りにいかない。不満が大きくなるだけ。

僕は、そのときの自分が情熱を注げるかどうかを基準にして、仕事を選んできました。

思い返してみれば、もっと賢いキャリアパスがあったなとも思います。しかし、後悔より充実感のほうがはるかに大きい。

キャリアは結果です。まさに「connecting the dots」、自分のキャリアを楽しめばいいんです。
やっぱり好きなこと、やりたい仕事や職種をやるのが充実感があると思います。
ただ、何がやりたいことなのか、何が充実感を与えてくれる仕事なのか分からなくなってきます。

その時は自分の場合は直感に従い、「ワクワク感」があるかを基準にする様にしています。直感は自分に「うそ」をつかないからです。理性に基づいて考えれば考えるほど、色々な制約条件が頭に浮かんでくるものです。いざ転職しようとしても、お金のこと、家族のこと、将来の不安。そういった意味では直感に従わないと不安を払拭して前に進めないことも確かです。

後は、意外と不安に思っていたことが実は無駄な不安の場合もあります。僕の場合は家族が転職や引っ越しに賛成してくれるか不安だったのですが、直ぐに賛成をしてくれたので無駄な不安でした(家族には感謝です)
既存のキャリアパスに照らし合わせて、自分自身を考えないこと。
どんな仕事をするかも大事ですが、自分が役に立ってる実感と、一緒に仕事してる人を幸せにしたいという気持ちを大事にしていました。
それができれば充実感はありますよ。