新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
香港の緊急法は1922年、英国植民地時代に制定されたものです。政府が議会の議決なしにあらゆる条例を制定できる非常事態法で、以前から「植民地時代の悪法」と非難を浴びてきました。悪名高きあのナチスの全権委任法の制定は1933年。その10年以上前の亡霊が21世紀に蘇った形です。香港政府トップの林鄭月娥行政長官は16日に開会する議会で改めて覆面禁止法を提案する方針のようです。立法会は親中派が多数を占め可決される公算が大きいとみられます。覆面禁止法は既に施行されていますが、議会の承認によって自らの手法を正当化したい思惑が見えますが、やはりこれは無理筋では。天安門事件の起きた30年前と世界は様変わりしています。力で抑え切ることが果たしてできるのか。難しいと思います。
デモであれば過激なことをしても全て許される訳ではない。同時に警察の過剰な取り締まりについては、デモ隊側が要求する警察の暴力に関する独立調査委の設立をしなければ、香港人は納得できないでしょう。

そして何より、香港政府は香港人の多数の信頼を決定的に失っているし、1国2制度の維持に対して強い不安を覚えています。この根本要因に対応せずに強硬姿勢を用いても、反発は治らないでしょう。
中国政府の、力で押さえつけようとする行為は、民主主義の香港には逆効果です。
ぜひ、しっかりと話し合ってほしいと、心から願っています。
この状態は、香港住人、香港警察、中国政府にとって、本当に不幸です。
デモ首謀者の逮捕→顔写真撮影、データ化→次からは顔認証システムで判別、という流れになるのだろうか。香港政府も完全に本土と市民の板挟みになって、苦しい選択が続くのだろう。しかしデモ隊の方は帽子とサングラス、風邪用のマスクで十分対応できるとは思うが。。。
前日に引き続き「覆面禁止法」に反発する若者などによる数万人規模のデモが九竜半島で行われている。一部が過激化し逮捕者も出ているようだ。マスク姿の市民の姿が多く目につく。
香港デモ参加者から写真、動画がたくさん届いています。建国70周年で14歳に発砲し、世界中ニュースにはなりましたが、その後、政府は自粛することもなく、覆面禁止法の制定を。そして、ますますデモは激化。私もマスクも購入して郵送しました。香港からはネットで購入もできなくなってます。どうすれば沈静化するのでしょうか。イギリス政府が声を上げることも効果あるのではないでしょうか。
https://8bitnews.org/?s=%E9%A6%99%E6%B8%AF&search_btn.x=0&search_btn.y=0
香港の主要なメディアや新聞、香港経済民生連盟などの経済界も、政府の覆面禁止法への支持を発表し始めた。市民との分断が生まれている。過激なデモを悪とする風潮に変化していくのか。
覆面禁止法は、歴史に残る悪法でしょう