新着Pick
296Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
働き方の多様性という意味では面白い取り組み。
単なる時間をお金に変えるような労働ではなく、その人が持つスキルや経験が活かせるようなジョブマッチングになるとすごく良いと思う。
ウーバーおよび米国の事情からは離れますが、会社に所属しない働き方の持続性について考えさせられます。

確かに会社が中抜きする分の費用がなくなれば、働く側の給料は上がり、利用者の負担費用は下がり、お互いハッピーです。

でも働く側からすると、それは一時的にスキルと時間を切り出して売っているだけなので、自分で意識的に「補給」(つまりスキルアップや自己ブランドへの投資など)をしていかないと、自分の資産はどんどん目減りしていきます。例えばプログラミング系のスキルで勝負している人は、次に来る技術を見極め、学び続けないといけないです。

この記事のウーバーの話も似ていて、空き時間に仕事を紹介するだけなのであれば人・事業に対する投資は特にないので、あまり持続性の高いモデルには見えないです。

「補給」「投資」の覚悟ができている人にとっては、会社に所属しないのはハッピーな働き方ですが、そういう人ばかりでもないと思います。

逆に言えば、中抜きする会社としては、人のスキルやブランド等への投資の義務があるということ。そうじゃないとフリーランスに解体されちゃう、ということですね。
こちら、下記だと人材派遣会社との連携と書かれていて、ギグワーカーなのか派遣なのかが、よく分からない…
https://newspicks.com/news/4273570

ちなみに、ギグエコノミーの効用が誇張されすぎで、正規雇用の大体には至っていないという件については、年始くらいにいくつか経済的な研究を基にした記事があった。
https://newspicks.com/news/3592633
https://newspicks.com/news/3579958
ウーバーが日本に参入し始めたときは、このサービスを誰が利用するのだろうと懐疑的な見方をしていましたが、しっかり定着しつつありますね。
自分の感覚と、世間のニーズにギャップがあることを認識しました。

「ウーバーのコアビジネスはテクノロジーによるソリューションの提供であり、ライドサービスではない」と記事掲載がありましたので、今後HRのエコノミーシェアリングがますます加速化していくのではないかと考えます。

このウーバーの人材派遣のソリューションは、日本でロンチされている「タイミー」に近いのではと想定しています。
以前、マーケターの神谷元基さんもコメントされていますが、「「すぐ働けて、すぐお金がもらえる」という文言の裏には当然リスクも潜んでいる。」というのはその通りで、スキルセットのアンマッチやサービスの質の低下、セキュリティリスクなど色々な問題がはらんでいると考えています。
https://newspicks.com/news/3989262/
僕が理解してるギグエコノミーの本質は、これまで法人が調整してきた機能のアンバンドル化
営業機能や法務機能、請求機能、評価機能、人材採用や育成、オフィスや福利厚生にいたるまでを全てバラバラに分解して個人でも法人機能を果たす経済圏のこと

雇用報酬体系の是正によるデフレーションと個人の能力の市場評価による報酬インフレーションをどのように効かすか?はこれからも様々な領域でトライアンドエラーが繰り返されると思う

特定の企業を締め付けることで、現在の法人が抱えてる機能の非効率性が高まるわけではないから、単純に待遇が改善されるわけではない
どこかで、利用者か雇用者か被雇用者かで調整される

ギグエコノミーが向き合わないといけないのは、アンバンドル化とバリューチェーン全体の生産性の向上だと思ってる
日本でもUber eatsの時給は決して高いとは言えず、隙間時間の働き方としては??となっているようですね。
Uberを利用して働く人が、効率的に働こうと考えれば、時間だけでなく、当然時給にも目がいくので、結果的にあまり効率的ではないとなります。

現状における日本の副業も、解禁になったとは言え、時間とお金の問題は必ず出てきます。
まあ、自分のできる時だけに自分のペースで働くという選択の中で、実質的に被雇用者であれば、賃金が安いというところからはなかなか抜けられないのは当然のことです。
Uberを見ていると「マッチング・ビジネス」の「終わりの始まり」が見えるような気がします。

同じようなモデルを「食事デリバリー」など、他分野に展開しても、結局、本質的な課題は解消しないので、焼畑農業的に、さらに、他分野に展開しないといけない。

これは、ネズミ講に似ています。常に拡張を続けないと破綻する。

「マッチング・ビジネス」は、小さくやっている間は、良いのですが、利益を拡大(確保)しようとしてスケールすると、こうなってしまいます。

これまでも、経営方針が全く違い、対照的な「Uber」と「Lyft」ですが、これから、両者の戦略を分析すると、興味深いでしょう。

ひたすらスケールで危機を回避しようとする「Uber」と、そうでない手段で利益を確保しようとする「Lyft」。
Uberドライバーにも本業の人たちと副業の人たちがいる…と考えると本業の人たちにはある程度のサポートや福利厚生が必要には思う。
これって、ワークの形態をアプリ上で選べるようにしたらいいんかな…でもそれだとまた別の法律に引っかかるんだろうな…
ウーバーの株価は30ドルを下回り、上場後、時価総額の3分の1が失われた。