新着Pick
770Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Kaizen platformにいた時、最終的にはフルフレックスのフルリモートで働かせてもらいましたが、この形がワークするのはマネージャーもメンバーも共にプロフェッショナルに仕事をこなせることが前提として必要だと思います。
マネージャーは、メンバーの力量に合わせ工数も読んだ上で適切な指示を出し、アウトプットでマネージする必要がありますし、
メンバーは与えられた指示を的確に理解した上で、オーナーシップを持って自走する必要があります。

お互いの働いている姿が見えにくくなる分、よりアウトプットをきちんと出さなければという意識が強くなるので私の場合は働きすぎてしまうことが多かったですが、アウトプットの効率は非常に良かったと思います。
リモートワークの情報サイト「リモーターズ」の調べによると、米国企業の16%がフルリモートで、66%はハイブリッド(一部リモート)とのこと。

この数字は拡大傾向、その大きな理由としてあげられているのが、テクノロジーを使うことにハードルが低い「ミレニアルズ」が増えてきていること、世界を対象に優秀な人材を獲得できることがあります。

今回インタビューしたZapier以外にもウェブ開発のAutomattic、InVision、GitLabといった企業も完全フルリモート。特に、この3社はすでに企業の評価額が1000億円を超えるユニコーン入りも果たしています。

Automatticの社員は966人、滞在国は72カ国にわたっています!彼らの間で今週交わされたテキストメッセージの数は約15万通です。

記事にもありますが、こういった新しい働き方は一気に導入するのは難しくても小さなチームから導入することは可能ではないでしょうか。自分のしている仕事も、「リモートで全然問題ないよね」というものがたくさんあるはずです。「先進的な企業だからできるんだよ」ということでなく、ちょっと頭を柔らかくしたら、不可能ではないことも多いのではないかと思うのです。

明日の後半は、Zapierがリモートワークについてまとめた実践編、「リモート・ガイドブック」について詳細をお伝えします。
Zapierのようなフルリモートでも、そうでない会社でもこの内容はすごく共感できる。

-----------------------------
採用面談時に「期待をはっきりさせる」
飾り立てることは一切しないで、「Zapierで仕事をしたらこうなる」という現実をしっかり伝えています。
いいことは勿論ですが、どういう課題を抱えているのか、どういうところが弱みとしてあるのかというネガティブになり得る要素もちゃんと伝えます。そうすれば、応募する側も現実と違った期待を持たなくて済みます。
フルリモートでも生産性をあげられるというレポートです。企画やデザイン、プログラミングなどは十分対応できますね、

いい人材を採用するためには有効でしょう。地方には優秀な人材が豊富。でも都会には出られない、出たくないという気持ちを持っている。

5G時代には、フルリモートが当たり前になっているかもしれない。
IFTTTの上位互換と言われるZapierへのインタビューはリモートワークを推進する上での沢山のヒントがありました。Zapierはその会社の性質上、リモートワークを行うこと自体がブランド力向上に繋がりますし、便利なITサービスが充分揃っている2011年創業のソフトウェア開発企業というリモートワークとの相性の良さも、リモートワークを成功させた理由だと思います。

完全リモートワークに拘っているのかもしれませんが、他の企業は”完全”リモートワークに拘る必要は無いと思います。物を開発する会社はどう頑張っても完全リモートワークは無理ですし。リモートワークは余計なコストを抑えたり、働きやすさを高めたりする為の手段であって目的ではありません。

リモートワークの問題は「仕事をしなくなる」ということでなく「仕事をし過ぎてしまう」ということ、というのは正にその通りです。ですが日本の企業でリモートワークをなかなか始められない理由は部下が仕事をサボると管理職が懸念するから。まずは、この認識を改めるところから始められると良いですね。
リモートで業務をするうえで、下記はとても重要だと思う。一方でDoや質問するために、相互の信頼関係を育てることが重要で、そのためにはFace to Faceで知っていることが、多くの人間にとっては重要で、リモートだけで相互にDoerになれる人は必ずしも多くないかなぁとも思っている。

『採用の基準としては、好奇心が旺盛、何も言われなくても物事が始められる人、「Doers(ドゥアーズ)」という手を動かすことのできる人です。
もし行き詰まったら「質問があるんだけど、誰か助けてください」とちゃんと手を上げられる人を探しています。』
リモートワークの知恵が詰まったナイスな記事。
250名のフルリモートはなかなかすごい。ただ採用が距離に縛られない点は労使双方にメリットがある。運用面もオンラインとオフラインがきちんとデザインされている。

以前、徳島県神山の二拠点オフィスにお邪魔した際、印象的だったのが互いにテレビをつなぎっぱなしだったこと。Zoomなどテレビ会議システムはいつでもコンタクトが取れるので欠かせない。

それにしてもGmailに届いた添付ファイルが自動的にDropboxに保存される、面倒なことも多そうだけど便利そう。ファイル名の付け方とか、ルールが大事そう。
副業・複業が一般化していけば、働く環境は組織ではなく個人が選ぶものになっていくはずです。

記事内で以下のように語られている通り、人によって気持ちよく働ける環境は異なるため、守りのためのリモートワークではなく、パフォーマンスあげる攻めのためのリモートワーク文脈が求められていると感じます。

『自分に合った環境を作ることでより満足のいく仕事ができるようになるし、生産性もグンと上がります。』
大事なことは、ここにも書かれている「Doers(ドゥアーズ)」を雇用するということでしょうね。

そういう人たちであれば、リモートでも、ハンディを超えるメリットを見出して、生産性を上げることができるでしょう。

つまり、この例が適用できるか否かは、ひとえに「組織やチームを構成する人たち」に依存するということです。
こういう動きもあるので、Weworkのビジネスもどうなのかな?と思っていた。Togglもそうだがこういう会社は増えていくだろうけど、結構経営の難易度は高いので、どんな会社でもできる、ということにはならなそう。所得税とか同処理しているのか気になる。個人事業扱いなのかな。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。