新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
“高所得世帯”は、高い介護保険料を負担したうえに、サービスを受ける時も高い“代金”を払わされるわけですね・・・ 財政が厳しいことは分かりますし、再分配が必要なことも分かりますが、ここまで来るともう“保険制度”とは言えないような・・・ (-.-)
再分配は国会できちんと審議され、国民の目が届きやすい税金の役割で、厚労省がある意味“勝手に”方針を決める社会保険料でなすべきことではないような気がしないでもありません。将来維持できなくなることが創設時点で当然予測できたものを、甘い制度設計でスタートさせて、あとで有無を言わさず国民の負担を増やす。”高所得者”の皆さんの不満が募り過ぎなければ良いけれど (・。・;
当たり前だよねえ。同様に、高所得世帯は保育園無料化も不必要では?前も書いたけど、世帯年収1000万あれば、月7万でも安すぎるくらいと思う。その分を保育士さんや介護士さんの給料を上げるのに使ってくれ。
介護保険ではないのですが、先日、シンガポールで従業員が足の骨を折ってしまって数時間の手術をしたため、200万円ほどキャッシュで支払いました。
入社1ヶ月の若いスタッフで個人で医療保険に入ってなく、貯金もないだろうし、会社で負担するしかないのですが、正直きつかったです(苦笑)。
そして日本の医療保険制度のありがたさを実感しました。

海外の医療制度と比べてしまうと、3割負担で月額の上限額が決まっている日本の医療制度でカバーされている人たちがうらやましいです。
ただし、財源は限られているので、今回の改正のように自己負担できる財力のある高所得者には負担をお願いするか、社会保険でカバーされる部分を本当に必要な医療に限定するなど、バランスをとった制度は必要だと思います。

手術後のリハビリでいくらかかるんだろう。。。