新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ビデオカメラはまぶしい光に弱い。標準的なレーダーは周囲の物体の相対速度を判断できるが、ド近眼。超音波センサーが探知できるのは近くにあるものだけで、しかもあまり鮮明にとらえられない。」

まさにそのとおりで、逆に人間の目の性能の高さ、生命の神秘を感じずにはいられません。
このレポートを読むと、まだ完全自動運転車は遠い先に思えてきます。走る凶器にならないようにするためには、センシング技術がさらにパワーアップしなければならないようです。

地中の地質特性を人間の指紋と同じように利用するなんていうのは、どう考えても無理があるような。地球のすべての地質データを記憶させなければならない。

新しい車の「目」を求めて、みんな研究しているのですね。
即ち困難だと言う事で、アナリストやメディアと
技術者の差が埋まりつつ有る様に思う。
技術者達は、ずっと困難だと言っていた。

しかしそれとて、明日革命的技術が現れないとも
言い切れない。これが開発する人達の苦しさである。
今のセンサーなら低速の自動運転を始めたい。