新着Pick
487Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
香港のデモが何を要求し目的としているのか、多くの疑問が立てられてきました。欧米のメディアは「自由と民主主義のためだ」といわれると、それで納得し、「あの中国だからな」「香港がウイグルみたいになることは阻止しなければな」と共感してくれますが、日本から見ると、それほど危機が差し迫っているようには見えません。あのデモは、イラクやスーダンで今起きている、生活の困窮が極まって起きているデモではないでしょう。
 今の香港の一国二制度は、2047年までが期限です。それ以後は、完全な中国の一地方となります。それを阻止したい、というのはあるでしょう。
 香港(もしくは香港を含めた周辺の広東語地域)の独立を主張する勢力も散見されますが、非常な少数派でしょう。
 結局、中国の一部であることが嫌でたまらないように見えます。自分たちは(文化や民生の水準において)中国とは違うのだ、という優越感もうかがわれます。
 具体的にどういう政治的目標を実現するのか(自由選挙か、一国二制度の延長か、独立か)、具体的な戦略はほとんどの人には無いし、ましてや共有はされていないように思われます。
久々のNP。後藤副編からのお誘いで、香港情勢を書かせていただきます。ちょうど今日から戒厳令にも例えられる「緊急法」の発動によるマスク規制が実施され、昨晩も14歳の若者が実弾で撃たれました。私が担当する上・下の記事ですが、一回目は「(攬炒)ラムチャオ」と呼ばれる「死なばもろとも」という考え方を掘り下げています。一見、展望のなく暴れているように見える若者たちの抗議行動にも、彼らなりの計算と論理がある、それが外の人間の価値観からどう見えるかは別に、彼ら当事者が覚悟を決めている以上、我々は丁寧にしっかりと見守るしかないのが現実です。
2019年6月に狼煙が上がった香港のデモは、政府による「逃亡犯引き渡し条例」の撤回以降も、まったく収まる気配がありません。この終わりなきネバーエンド香港を、日本の国際派のジャーナリストたちが、現地からレポートします。

初日は、元朝日新聞のジャーナリストであり、NewsPicksの特約記者でもあった野嶋剛氏によるレポート。香港のミレニアルズの心情を象徴する、ランチャオ(死なばもろとも)という言葉が日本メディアに紹介されるのは初めて。

ググっても分からない香港情勢を、ぜひご一読ください。
「ラムチャオ」「死なばもろとも」「If we burn, you burn with us」。死を覚悟した運動なのですね。それだけ香港(中国)社会、行政への不満がたまっている。自由を束縛されていると感じている人が多いのでしょうか。

香港は空気が悪く、人口密度が高い。家賃はうなぎのぼりで、規制が多い。そういう諸々の状況がストレスになっている。香港の龍が火を吹き出しています。
本当に心が痛む… 自由を求める人々の気持ちは止められない。God bless Hong Kong!

香港で流行している「攬炒」という言葉がある。広東語で「ラムチャオ」と読むのだが、「まとめてごった煮にする」という意味から派生し、「死なばもろとも」を象徴する言葉になった。「自分たちはこの戦いで死ぬかもしれない。しかし、香港政府、そして中国もただでは済まさない」若者たちの抱くその悲壮な覚悟こそ、この「攬炒(死なばもろとも)」が伝えるところだ。
生まれ育ち、住んでいる方々の合理性。一方で、外から訪れる方々によって香港の経済のかなりが成立している部分もある中で、訪れる方々にとっての合理性とは一致しない。
長期の香港の動向に影響がどこまで与えられるか。2003年にSARSで苦しんだ後(地価が相当下がった)、その後回復・成長した。一方で、今回のは政治構造が関わるもので、収まったからと言って拠点選定などの意味では企業はより長期で意識せざるをえない事象だと考えている。
残念だが、玉砕主義は成功しないと思う。
「彼らは、香港がこのまま中国に支配され、民主や自治、法治など一国二制度で保証されるはずだった香港らしさを奪われていくなら、燃え尽きてしまっても仕方ない、とすら考えている。」
香港臨時政府の成立が宣言され、香港政府は緊急法として「覆面禁止法」を決定。混迷の色合いが日々深まっていく香港。

このタイミングでちょうど読みたかった特集です。さすが。
「If we burn, you burn with us」

「我々が燃え尽きるなら、お前たちも一緒だ」

民主と自由を賭けた戦いで、香港が主戦場。

アジア人、世界市民として応援します!

日本政府も毅然と応援してほしい!

STAY GOLD!!
遅ればせながら。香港と台湾の動向については、野嶋さんはフォローしておきたい著者の一人。文中にでてくるイートンホテル。私も宿泊したことがありますが、5000円は破格の安さ。現地情勢が影響して、宿泊者が減っていることを物語っています。
この連載について
香港で激化するデモ隊と警察との衝突。世界が注目する「終わりの見えない衝突」の問題点を、トップジャーナリストたちの取材で読み解く。