新着Pick
1303Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私たちが、iPhoneに入れたSuicaで1000円使うと、JRがアップルに10銭とか20銭という単位で「手数料」を払っています。このことと、記事タイトルに入れた「VISAカードをiPhoneに入れられない」ということが実は繋がっています。

その「カラクリ」について、クレジットカード業界を長年取材しているジャーナリストの岩田昭男氏が解説します。

iPhoneにVISAカードが入らないというのは、ユーザー体験的には最悪ですが、アップルの狙いは理解できる。
アップルがVisaのネットワークを使ってカード発行会社から手数料を取ることに対し、Visaはおもしろくない。軒先を無料で貸しているのに、客から手数料を取るようなもの。Google Payは無料です。だからGoogle PayをVisaは推進しています。アップルはApple Cardで米国中小銀行の反発を買っています。自分だけ儲ければいいという姿勢はどうでしょうか。
アメリカのVISAカードならiphoneに入ってるのに日本では入らないという不思議な現象です。おそらく日本独自の取り決めか、連携が大きすぎて動けないというのがあるのでしょう。代わりにガラパゴス化してしまったSuicaが強いという世界的にみても特殊な状態になってます。 今やニューヨークの地下鉄はNFCクレジットカードで入れますし、決済の速さは段々優位性が失われつつあります。だってもう出てから20年ぐらい同じフォーマットなのですから。 10年ごとに導入する次のフォーマットをあらかじめ考える体制が今の日本には必要だと思います。
VisaカードがiPhoneに入れられない、は厳密にいうとちょっと違うかもしれません。

まず、海外と日本ではApple Payの仕様が異なっており、海外ではVisaカードがWalletに追加でき、実店舗のVisa非接触加盟店でも使えます。

日本でもVisaのロゴがついたカードでもApple Payには登録できますが、それは国際ブランド云々ではなく、Walletへ追加しようとしたカードを発行するイシュアがApple Payに対応しているかどうかで登録の可否が決まります。

Walletに登録するとiDかQUICPayの番号が付与され、実店舗で使えます。くせものなのはWeb決済ですね。

Apple Payのオンライン決済やアプリ内決済では国際ブランドが関わってくるのですが、記事の通りVisaとAppleの関係が良くないので、日本のイシュアが発行したVisaブランドのカードではWeb決済ができません。

いずれにせよ、特に日本ではVisaにとってAppleは目の敵になってしまいますね。
VISAだけどApple Payに登録できるという人も少なくはないと思います。例えばApple Payで「楽天カード」のVISAをQUICPayで使っているという人、ドコモの「dカード」のVISAをiDで使っているという人は多いと思います。日本のカード発行会社が出しているVISAブランドのクレジットカードはApple Payで使えるものが多いです。ただ、Apple Pay内でのSuicaへのチャージはできなくなっています(Suicaオートチャージができない。Suicaアプリの中では手動でチャージができます)。また、アプリ内、web上で利用できません。
日本で発行されているクレジットカードの中の国際ブランドではダイナースだけが唯一Apple Pay非対応になっています。
AppleとVISAの深い溝がある分、Apple PayでのVISAの使い勝手はあまり良くないというのは現実で、今後も変わらないのだと思います。
米国ではVisaカードもApple Payに設定し、店頭やオンラインでの決済に利用することができます。日本のVISA陣営が、利用者の利便性やセキュリティよりメンツを重視している、とはっきり問題点を書くべきです。対比しているAppleですら、日本ローカルと言い切って良いFeliCaにiPhoneとApple Watchを「ハードウェア的に」対応させて、日本でのApple Payを実現させています。
EMVの話が出てこないのは確かに気になるところではある。

「EMV」とは
MasterCardの「M」と
Visaの「V」、
そこにEuropay Internationalの「E」を取って名付けられたIC型クレジットカードの統一規格。
この規格は1998年に策定。

意外とVISAやマスターはどっしりと構えていてApple Pay恐るるに足らずという姿勢が強かった、というのがApple Pay登場前夜にアメリカのカード業界団体ICMAの会合で見た彼らの姿勢。結局は電子決済ルートを構築できてるかどうかでしょーという。入り口が何であろうがお金は戴きますよ、という姿勢が鮮明でした。
今となってはApple Payに戦々恐々なのか?というとやはりマスターのような姿勢を日本で取ってたりもして、この辺りがアップルカード登場により何か変わるのか?は興味はある。
アメリカでは2014年のオバマ政権時の大統領令による磁気カードからの一斉移行でここ数年で一気にチップカードの普及が進みコンタクトレス(非接触決済)の市場も大きく伸びてきた。それと同時にApple Payやサムスンペイ、なども対応する店舗側の機器も普及が進んできた。いまや普及率は100%近い。

体感値としてはまだまだApple Payよりもクレカ支払いの客がアメリカの西海岸の小売の店頭では多い印象は受ける。
普通にVisaカード、iPhoneに入れられてますが…汗?
今回の特集全般に言えますが、解説や記事内容がフェイク気味で、NP大丈夫か?と心配してます。
VISAが強力なレギュレーションを立てることで、既得権を得られていた状況で、参入会社もそこに従うことで安定的な収益を得られるから逆らって来なかった。
そのモデルを今尚作り上げているVISAは凄いし、一方でそこに従うことが当たり前の思考がある中、真っ向から新たなモデルを打ち出したApple の強さや、やはり常識に囚われない思考に学ばなくてはいけない点が沢山ある。
"当たり前"がいつの間にか勝手に作られていて、その枠から出た考え方を出来なくなっている。
イノベーションはディスラプトから始まるとは正にこの例なのかな。
勉強になった。コメントも併せて見ると、ここでのVISA vs Appleの話は日本での局地戦ぽい感じ。

VISAといえば、東京五輪のチケット購入時にVISAしか使えなかったことが強烈に印象に残っているなぁ。公式パートナーとはいえ「だいぶ主張激しいな」と。まぁ当たり前なのかもしれないけど不便だったので。

もしかしてVISAの日本法人が結構クセ強かったり?
この連載について
アップルが展開するクレジットカード「Apple Card」が8月、アメリカでスタートした。バーチャルカードであることや、デザインのシンプルさが話題だが、還元率2%・年会費無料・即日キャッシュバックなど、日本市場にも大きなインパクトを与える要素をそろえている。「Apple Card」参入による各業界への影響を分析する。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道管理局の鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.62 兆円

業績

Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
304 兆円

業績