新着Pick
770Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アップルカードの米国での使用感と、そこから感じられた次の一手について述べさせて頂きました。(デフォルメされたアイコンがでるとは知りませんでしたが笑)
ハードウェアとソフトウェア両方持っているからこそできるユーザーインターフェイスの滑らかさはさすがのアップルです。利用開始に電話をする必要がない等はUSでのクレジットカードに慣れていると新鮮です。

おそらくアップルは物理的なカードは無くして、全てNFC(非接触)の決済であるApple Payに持っていきたいはずです。ただ、そのために敢えて物理的なカードを新規に発行して競合を蹴散らすという大胆な手でApple Payに引き込もうとしています。
 この戦略はオペレーションの負担も大きいですが、ゴールドマン・サックスという法人向けサービスでは非常に有名で、ビジネスマンにはブランド力十分でかつ今、個人向けサービスに力を入れている銀行と、ビザという巨人に対抗していきたいというマスターカードというパートナーがいるからこそ成し得ることだと思います。実際ゴールドマンは顧客一人当たり3万円近くを新規獲得にコストにかけているという報道で、Appleからの負担がかなりあり、その力の入れようと、本気度を感じます。

日本だとこのオペレーションができて個人向けに力を入れていくブランド力の高い銀行はどこになるでしょうか。実利で考えると大手銀行ですが、個人的にはソニー銀行とか組んでくれると胸が熱くなる気がします。かつてソニーを尊敬していて、iTunesの頃にも提携も申し入れたのに断られた経緯のあるAppleからすると、ここでタッグを組むというのは、クラウドゲーム分野でマイクロソフトとソニーが連携したことよりもメッセージは強いと思います。
まぁ、実際はビジネス優先だとは思いますが、、
カード還元率が各社複雑すぎて、今まで他カードはなかなか乗り換えの決め手にはならなかったんですが、支出を可視化できるのは地味にうれしい!自動管理してくれて通知とかきたらもっとうれしいなあ。

事業者側からすると、早く端末を一本化してほしいです。クレジットにicに施設のポイント端末まで細分化しすぎでレジ回りの端末の多さに辟易して導入を渋ったりします。
昨日もコメントしたのですが、けち臭い私は、クレカの還元率に応じてカードを使い分けるということをしているので、なかなかアップルカード一本化は難しいですね・・・

とはいえ、使い分けを可能にしているアップルペイ/アップルウォッチペイによるクレカ登録とUXの素晴らしさは、間違いなくアップルデバイスのお陰です!

米国またクレジットヒストリーの関係もあるので、誰でもクレカを作れるわけではない中、この記事を読んで、裏で赤字を流していそうなゴールドマンがどこまでこの個人向けビジネスで頑張れるのか、という点が気になりました。
黒船感に納得してしまった記事。
初期設定の簡易化はiMac来のAppleの十八番ですね。
ペイ系アプリで初期設定を挫折アプリがあるのでよりそそられた。一元管理も魅力。
昨日もコメントしたけれど、やはり「合理的に説明がつかないスマートさ」が本質的価値のような気がします。

機能性のコアは、支払い管理機能と2%のキャッシュバックに思えますが、模倣できないものでは全くないし、これを目玉に消費者が集まるかというとそうでもないように思います。Apple好きは使うし、そうでない人は使わない、という感じかと。

さらにApple好きを掘り下げて考えると、これは私の個人的な見方ですが、デバイスを通した物理的な体験が重要と思っているので(Apple Watchを持っていると嬉しいとか、AirPodsのペアリングで感動する、といったこと)、物理的な要素がカードだけだとちょっと弱いかなぁと。

ただ、日本に関してはiPhoneの顧客接点が特に強力なので、体力のあるカード会社と組んでお金を突っ込んで一気に広げるやり方はアリだと思いますし、カード会社からすると提携は検討せざるを得ないという感じだとは思います。
日本の場合、用途管理は一工夫必要というか、自動では限界があるでしょうね。百貨店やショッピングモールは、その箱自体でクレジットカード会社と契約しているので、百貨店の中で洋服を買ったのか、食事をしたのか、区別できません。これは決済端末側の問題なので、アップルカードも越えられない壁です。マネーフォワード使ってますが、手動でやるしかない。。

非接触決済の課題は指摘されている通りで、とにかく種類が多くてわかりにくい。ちゃんと表示があればまだよい方で、端末だけ置いてあるけど何が使えるのかよくわからん、みたいな店もチラホラ…非接触の標準化は一時期、三木谷社長が強烈に主張してましたが、最近はどうなのでしょうか。。
還元率や即日キャッシュバックも含めて、あったらいいな的な機能も一元化されてるということで、他と比較するまでもなく個人的には多分使うだろうなぁと思います

昨日の記事では、そんなアップルカードが日本に上陸した際の影響や、金融サービス参入への戦略など3分解説しています!

【図説】PayPay、楽天、銀行に影響も。アップルカードの破壊力
https://newspicks.com/news/4274513
お二人の生活がApple Cardで変わった、というのがよく伝わるレポートです。よく設計された仕掛けが次々に判明。使う楽しみが広がりますね。さすがアップル。
とりあえず、「Apple製品は3%オフ」だけを目当てに作りました。

Apple Walletで「+」をタップして、5~6分で完了です。

でも、実は、銀行口座とも紐付いていないので、別に設定しないといけません。

さて、これから、これをApple製品以外の購入に使うようになるのか、自分でも興味深いです。

何でも、自分でやってみないとわからないので、作ってみた感じです。
記事を読むと、アップルカードの仕組みと銀行系カードの仕組みはあまり変わらないかな。
スペインに住んでいる今は、銀行系のカードをWalletに登録してしまえばカードそのものや現金を持ち歩く必要はほぼ無し。
この前、財布を新しくしたけど思い切って札や小銭入れが無いカードケース型にしました。
店の財布のラインナップを見ても、カードケース系が以前と比べて増えているのは、キャッシュレスの影響があるなと実感します。
この連載について
アップルが展開するクレジットカード「Apple Card」が8月、アメリカでスタートした。バーチャルカードであることや、デザインのシンプルさが話題だが、還元率2%・年会費無料・即日キャッシュバックなど、日本市場にも大きなインパクトを与える要素をそろえている。「Apple Card」参入による各業界への影響を分析する。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績