新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「働き方改革」という言葉が一般的になる一方で、多くの企業では依然として「働き方改革=早く退社すること」といった認識で捉えているところも少なくありません。日本のビジネスパーソンの働き方は大変閉塞感が強く、「早く帰りたいのに帰れない」と多くの人が不満を感じています。その改善のためには、組織全体で構造的な「無駄の排除」が必要になるのです。成果を上げる真の働き方改革とはどのようなものなのでしょうか。人材育成や組織論、経営戦略論を専門とする、明治大学大学院グローバルビジネス研究科の野田稔教授に聞きました。

日本企業や人材にはまだまだ底力があると語る野田教授。ぜひ海外で新しい価値を生み出し、その存在感を発揮してほしいものですね。
人気 Picker
とりあえず学祭前の盛り上がりというのは仕事でもあるもので、この経験というのはデュー(締切)とゴールとをどう満たしていくかのいい経験となる。でも、そんな働き方でゴールもないのは精神的にも身体的にも疲弊するので、ホドホドに。

あとはイノベーションなるものは、イノベーションを生み出せる人が出すものなのではないかと思う。働き方だけで誰でも出せるものではない。でもイノベーション出せる人が、悪い働き方でイノベーション出せなくなることはあると思う。ここでの悪い働き方というのは一般的なホワイト・ブラックでもない。ただその人にとっていいパフォーマンス出せる働き方が選択できるのかどうか。なので、多様なニーズに応えられる制度、風土、環境、それぞれ必要だ。
「イノベーションを生み出す」ことはゴールではありません。

最近、「イノベーションを起こすには?」「起業するには?」「スタートアップと仕事するには?」などの質問を受けることが多いのですが…それらは、全てポイントがズレています。

大事なことは「何を、どうしても成し遂げたいか?」だけです。

「イノベーションが必要か?」、「起業がいいのか?」、「スタートアップとやるのがいいのか?」…それは、全て「やりたいこと」の中身次第です。

「手段」を「目的」にしてしまって議論することは避けないといけないです。
情熱を持ってやりたいことをやり続ける。

業績