新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国ネットメディアでは、センスタイムの話題は大変多い。最近もAI入門基礎の「SenseSttudy AI実験プラットフォーム」スマート診療の「SenseCare智慧診療プラットフォーム」ニューリテールの「SenseGo智慧零售プラットフォーム」ARの「SenseAR2.0プラットフォーム」など最新の取組みを紹介する記事が載った。

提携先は、マイクロソフト、グーグル、ファーウエイ、アリババ、バイドゥ、ホンダなど世界オールスターであり、国家AIプロジェクトにも選ばれている。

まったく順風満帆のようだが、幹部社員の退社、実はシェアはそれほどでもない、などのマイナス記事も出るようになった。有名税のようなものであり、それだけ注目が集まり、存在感を増しているのは確かだ。注目の的なのは変わりない。
BATISの'S'、センスタイムは画像認識で間違いなく世界トップクラスです。顔認識が特に有名ですが、プライバシー懸念から日本では見かけません。

そのため、ネットワークに接続しない完全スタンドアロンの顔認証ドアロックという製品もあるようです。その場で簡単に顔登録でき、1000人オーダでもミリ秒単位で顔認証できるとのこと。

AIという業界は存在せず、すべての産業を活性化させる「AI+」は、その通りですね。日本では「AI×〇〇」と呼ぶことの方が多いです。足し算で捉える中国、掛け算で捉える日本、ちょっとした文化の違いですが興味深いです。
センスタイム創業者のスピーチ。読んでおきたい内容。

業績