新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これって昔の倭寇から始まって大陸浪人、アメリカ移民、満洲国開拓民(ウチの祖母の兄弟もそうだったらしい)、戦前戦後の南米移民(これまた遠い親戚に1人いる)に至るまで国が貧しくなった時に何度でも繰り返されてきた定番コンテンツなんですよね。
当時未来あふれる新天地、王道楽土と言われた移民先の多くは言うまでもなくただのプロパガンダに過ぎず、その多くは国の棄民政策の結果にしか過ぎませんでした。
もちろん、結果的に本当にその地で根を張り、多勢の成功者もまた生み出したのも事実ですが、そのご苦労はまた別の物語だといえます。

今後の日本は恐らく戦後二回目の移民ブームを迎える可能性が大いにあると思っていますが、しかし過去のケースが全てそうだったように、資産移転を目論む超富裕層の海外移転と、一般国民のそれとは全く別のものであることを理解した方が良いでしょう。

話は代わりますが、児童書の名作として知られる「母を訪ねて三千里」は、1882年にイタリアから当時豊かだったアルゼンチンに出稼ぎに行った母親を探すという話です。
しかし当時オワコンと思われたイタリアは、なんだかんだ言ってもその後もずっと欧州の先進国としてあり続け、20世紀の超大国となると思われたアルゼンチンは借金と国家破産とクーデターのアルゼンチンタンゴを繰り返し、依然として中進国 のままです。
島国で外のことをあまり知らない日本人は、つい隣の芝が青く見えますが、要は世の中そんなに簡単なものではないということですね。

日本人は海外にでなさすぎなので、今後もっと海外に出た方がいいことは間違い無いのですが、凄まじい努力をして仕事を励み、語学や海外人脈を築き、やがてその地に根付いたかつての日本人と、日本がオワコンだから脱出、という短絡的な見方の方では、恐らくその結果は天と地ほども違うことでしょう。
資産家や高スキル者はともかく、金もスキルも意欲もない、にも関わらず国を捨てたものを暖かく受け入れてくれる国など、この世の中にはどこにもないからです。
個人的には海外移民も全く構わないとは思うのですが(私も南アフリカに家がありますし)、ただ一つ言うなら、同じ日本人として、移民をするならせめて相手国にとって役立つ人材でありたいではないですか。
日本オワコン論とか、本当に面白いと思う。仮にそう思うなら母国なんで必死になんとかしようとすると思う。海外脱出とか簡単に言わない方が良い。そもそも言葉ができなければ日本にいるのと同じQOLは得られないし。
ボクの周りにも、海外生活を選ぶ人がたくさんいます。
また、ヨーロッパの国の人は「違う国」が電車で簡単に行けたりするので、移住の考え方が根本から違っているのかな、と感じることもしばしば。
ボクは住むならどこがいいかなぁ。
動画をみていないので、よくわかりませんが、文字だけ読むと、ご自身が同じ仕事をしていて「オワコン」になってきているので、海外に出る、と言っているように読めます。
動画を見た方、いかがでしょう?
今まで、日本から移住する人の数が少なかったのだと思います。ベースが少ないなか、ある程度移住者が増えれば、伸び率は高くなる。
いや、別に海外に流出してもらっても全然いいんですよ。若者は国捨ててでも世界で活躍したい、ぐらいの勢いでないと。

でも、本当にダサいのは、日本をオワコンとか言ってフランスとかオーストラリアとかに脱出しておきながら、日本の更にオワコンのテレビ出演のために帰国してPhysicalに番組出演していること。いや、そこはネット経由で居住地から出演しろよ、といつも思ってます。ダッせ~~~

箕輪氏はそんなクソダサいことをしないよね。
増税で景気が悪くなるとか、そんな当たり前のことを力説されてもなぁ、んなこたぁ分かっとんねん
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績