新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ数年は右肩上がりに観客動員数が増えてきていて、
イベント、ユニフォームなどのグッズ配布、試合によっての値段変動など、各球団の努力。
そして何と言っても、
今年は特に最後の最後まで順位が確定せず、消化ゲームが少なかったことも今シーズン楽しかった。
これはまさにクライマックスシリーズのメリット。
CSがなければ、8月ぐらいには消化ゲームが始まり、ここまでの熱は出せなかったのではないだろうか。
各球団様々な理由があると思いますが、4~5年前と比べるとどの球団もチケットが取りづらくなったことは確かです。特に、週末・連休中の人気カードは、ファンクラブ先行か、その直後の一般ですぐに押さえておかないと完売してしまう。プロ野球ファンとして嬉しいところもありますが、家族でフラッと…みたいな観戦が難しくなっているのは少し寂しいです。

パ・リーグの一部の球団がすでに導入していますが、球団公式のチケットのリセール機能をもっと充実させてほしいとも思います。
地元のハマスタではエンターテーメント性を高めたり、ビールにこだわったり、三塁側にもホームのファンの席を作るなど色々な試みがあり、観客動員の増加は球団の経営努力や球場の地道な努力にもよるのかなと思いました。
横浜DeNAは昨年黒字化したそうです。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16302609/%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAb_jpZGlsa3O1AE%253D
日本ハムは、2023年の新しいボールパークの完成で飛躍的に増えると思います。頑張ってください。
各球団がビジネスをこれまで以上に意識し出した傾向が現れてきているのではないでしょうか。
これを追い風に足元の若年競技者の減少を今から対策を練りたいところですね。
「セ・パ両リーグの1試合平均の入場者数が3万929人となり、史上初めて3万人を超えた」とのこと。
最近は様々な形のエンターテイメントがある中、リアルの野球観戦を楽しむ人が増えているというのは各球団の取り組みにより効果が出ているということなのかも知れませんね。
すごい。「セ・パ両リーグの1試合平均の入場者数が3万929人となり、史上初めて3万人を超えた」
日本ハム株式会社(にっぽんハム、NH Foods Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置く大手食品加工メーカー。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年(昭和17年)に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社でもある。 ウィキペディア
時価総額
4,479 億円

業績