新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
製造業のバイヤー向けに見積り業務を支援するSaaS「RFQクラウド」を展開するA1AがシリーズAにて3億円(調達後評価額15.5億円)調達実施を発表。

今回、キーエンス→VCの経験をもつ代表の松原氏へインタビューを実施。投資家を選択した理由、今後の描いている未来などについて深くお話しいただきました。


日本で大きな存在感を占める製造業。世界的に部品の共通化、そのためにはデータ集約の課題があると、ものづくり白書などにも記載されています。

しかし、それが困難である現状を「購買」にフォーカスし、なぜ購買に課題があるのか。

過去の背景含めた点などもうかがうことができ、「製造業」とひとくくりにぼんやり認識していたことに気が付きました。

また、元投資家は何をみて投資家を選んだのか。A1Aは事業法人のPKSHA Technologyから出資を受け入れています。

しかし、様々な投資家を見る中で、CVCを選択するリスクも感じたとのことで、そこも具体的にうかがいました 。

合わせて、リード投資家のBEENEXT前田ヒロ氏にもA1Aに投資した理由をききました。個人的には代表の松原さんとの出会いがちょっと意外でした。
また、シードとシリーズAを投資する際に何をポイントとして見ているのかも聞きました。

ぜひご覧ください
製造業の購買・調達という点では、消耗品はMonotaROやトラスコ中山などが進めようとしている。はっきりとは分からなかったが、消耗品ではなくもっと個別性が高い部分?
製造業で使われる部品・資材の種類は極めて多い。大企業だと製品マスタを整備するのが大変で、あとは歴史的文脈もあって、事業所単位で調達コストが結構違っていて、それを見つけるのが難しいといった話を聞いたことがある。消耗品とかは型番があるが、もし消耗品でないとすると、類似案件をどうやって引っ張ってくるか、その精度がどれだけかというのがキーになりそうに素人的には思うがどうだろう?
日本の製造業のいい面も悪い面、またCPOの話とかがすごくわかりやすくて、ものづくりの国だ、製造業では負けないで思考が止まっている人に是非とも読んでほしい内容
元VCということで資金調達の流れがスムーズで美しいなと思った。