新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
8KはTVサイズを肉眼で見てもスゴさがわからないほど超高精細だけど、引きで撮って拡大してもクッキリ見える。タッチパネルの8Kディスプレイを置くと、子どもたちは超接近してズームインして見ようとする。8Kは視野角の広さが強調されるけど、逆にTV・スマホサイズなら、近づいて見たいものを拡大する見方になるんじゃなかろうか。8Kカメラもそれを前提に、できるだけ広角で収める撮り方になりそう。
1人でインタビューとか撮ってると、どうしても保険的に引きのサイズで撮らざるをえない時が多い。絵変わりした感じ出したくて編集でヨリかけると、やっぱ多少は粗くなってしまう。8Kだとその辺のミニマム人員での撮影&編集も捗るかも。4Kでも十分だけど。あと、画質良くなるにつれてデータ重すぎてつらい。
8k録画をすると、かなり筐体は熱くなって、カイロになるでしょうし、録画時間の制約もあるでしょうね。

世界初や世界最○と言う称号が欲しい為にやっていて、実装しているエンジニアたちも、「意味ねえなぁ」と思っていますよ。一部の消費者の気持ちを考えない、マーケティングが分からないお偉いさんを除いて。

言うまでもなく、消費者が求めているのは、スペックでは無く体験で、スペックレースばかりやっていても何も変わりませんが、そこから降りるのは、怖いのでしょうね。
ほんの数年前まで
・どうやって符号化・保存する?
・どうやって伝送する?
・どうやって放送する?
と議論していたのに、普通に使えるようになるって、素晴らしい。

8K放送に関してはNHK放送技研、NTTを始めとする国内電気系企業の皆さんの頑張りが大きいことも添えておきます。
8Kの価値を体感できるアプリやサービスがない中で「他社よりすごい!」という理由だけで8Kを導入するのは、いかがなものかと思います。

以前に、日本の家電が「ユーザーにとって意味のないスペック競争」で競っていたときのことを思い出します。

よくあることですが、ある意味「追いついてしまった後」によくある課題です。

「競合製品に追いつくという目標がある間はよいのですが、追いついてしまうと、次に何をやるのか?」となり、しっかりしたブレない軸がないと、前述のようなスペック競争になってしまいます。

Xiaomiの8K実現は、ちまたで話題になっている5Gと似ていると思います。

「スペックがすごいのはわかるけど、で、それで我々には、どううれしいの?」
機が熟してから参入するAppleみたいなのが、全ての企業に求められているのでしょうか。機が熟すまでの状況は誰が作り出すのだろう。
8K!想像もつかないですが、スマホに搭載されるようになると、カメラも必要なくなっちゃいますね。