新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小・中学校から英語を勉強しているのに、いまだにネイティブのようにきれいな英語が話せないと、英語を話すことに躊躇する日本人は多いのではないでしょうか。

シンガポール人たちは、「OK lah!」「CAN! CAN!」と「シングリッシュ」(シンガポールの強いなまりのある英語)を、文法も発音も気にせずに堂々と話しています。インド人も「R」が強い発音で世界的にもなまりが強いといわれるものの、気にせずに自分の考えを明確に力強く話し、議論をリードしています。

今私たちに必要なのは、英語は「可能性」であり、「コミュニケーション・ツール(道具)」であると割り切ることです。そもそも、私たちの英語が正しいかどうかは、私たちの英語を聞く相手が判断することです。

英語にも、外国人が避けがちな言葉、外国人の心に響く言葉があります。外国人にとって、失礼にならない、ギョッとさせない英語は知っておくべきです。

その「失礼な英語」と「丁寧な英語」の「差」は些細で、日本人が知っている一般的な英語です。にも関わらず、「丁寧で適切な英語」を使いこなしている人があまりにも少数派なのが現状です。

グローバル社会の余波がそこかしこに迫っている現在。英語を使うなら、いつまでも子供のように『知らない』を通すことは失礼です。マナーの一環として、ぜひ一読下さい。

STAY GOLD!