新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今大会、試合だけでなく練習も見させてもらって感じたのが、スーパースターである郎平監督と選手たちが対等に話をしているということ。
中国は決してトップダウン式のチームではないということです。
試合中であっても練習中であっても笑顔で話をしている場面もありました。
スーパースターであった郎平監督が自分の経験則だけで指導するのではなく、海外にでて指導者としての経験を積まれたことが現在の中国の強さに現れているのだと思います。
アメリカチームもそうです。
こちらもスーパースターであるカーチキライ監督が選手たちと対等な立場で話をしています。
本来指導者とはこうあるべきというのをみせてもらいました。
あの練習の雰囲気は日本の多くの指導者に感じてもらいたいものでした。
バレーやアクロバットスイミングでは、
日本人指導者が、中国チームの躍進に
大きく貢献されていますね。

日本のスポーツ業界の指導法やパワハラが最近に問題になることが多いですが、厳しい指導も、国や時代が違うと、効果を発揮するのかもしれませんね。